2008年09月23日

【「アフラックCM」 フィギュアスケート選手・井上怜奈さん。】このCM。魂が揺さぶられるんです。
_陳腐なドラマ化とか映画化はやめてほしいなあ。_

アフラック(アメリカンファミリー生命保険)CM

井上怜奈井上怜奈
このCMを観ると魂が揺さぶられんです。
フィギュアスケート選手・井上怜奈さん。
ペアのパートナー、ジョン・ボールドウィンさん。
演技終了直後の氷上でのプロポーズ。
井上さんの
「えっ?!ナニ?」的な少し驚いたようなリアクションがダイレクトに伝わります。
ここに至るまでの
 - 父を肺癌で失う。あわせてオリンピック代表選出敗退。失意の日々。
 - 渡米。レッスン代と生活費捻出の奮闘。
 - 自らも肺癌を患う。
 - 抗がん剤治療。副作用に耐えながらのアルバイトとレッスン。
 - 通院治療中、レッスンで頭蓋骨を骨折。一時意識不明。前歯をほとんどなくす。
 - 後遺症による心的外傷後ストレス(PTSD)。
 - 卵巣を片方破裂させて卵巣摘出。
にオラ驚きました。
自分に置き換えたときこれら困難に打ち勝てることか・・・。
2000〜2001シーズンよりペアを組むボールドウィンさんはいわば戦友。
一番近くで井上さんを見守ってきたワケですね。
陳腐なドラマ化とか映画化はやめてほしいなあ。
スザンヌさんのブログで
コピーライター、ひすいこたろうさんの本の一節が紹介されてました。
「あなたの退屈だと思って過ごした今日は、昨日亡くなった人がどうしても生きたかった明日なんだよ。」

だから毎日を精一杯生きよう・・・
と思う、スザンヌさんはきっと素直で性格が真っ直ぐな方です。

井上さんのエピソードと重なり合って
オラを前向きにさせてくれます。
posted by ゲーリー at 09:49 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | その他

この記事へのトラックバック