2008年09月28日

【「THE☆仕事人バンクマチャアキJAPAN」 今回は水車技術を提供。】タイの少女を救う。
_稼動するときのオッサン達のはしゃぎっぷりがカワイイ。_

世界の子供がSOS!THE☆仕事人バンクマチャアキJAPAN  
9・26(金) 20:00〜 テレビ朝日系列

自分の手掛けた仕事がリリースされ稼動し、
それを利用した人間が「便利だな」と感じてくれる。
そんでもって
利用者に直接「ありがとうございます!」なんて言われた日にゃ、
単純にうれしいかったりするものです。
システム構築を生業(なりわい)とするオラ自身の体験談です。

THE☆仕事人バンク。
この番組。
半期に1度のペースで放送されてるのですが、
貧困や戦争で困難な状況にある地域で
重労働を強いられてる子供たちを、
匠の技を持った日本の団塊世代のオッサンが救う。
そんな番組です。

オッサン達の匠の技も見所のひとつですが、
おのれが作ったものが稼動するときの
オッサン達の、はしゃぎっぷりも見所で、
その所作たちのひとつひとつがまたカワイイんだな。
仕事人バンク仕事人バンク仕事人バンク仕事人バンク
今回は、
朝2時間かけてその日食べる分のお米の脱穀してる
タイの女の子に匠の技を提供します。
毎朝、暗いうちから人力で杵を搗(つ)く少女。
ここに水車を導入することで作業の軽減化・自動化を図るワケです。
仕事人バンク仕事人バンク仕事人バンク
協力してくれる現地の人間に親方と慕われ、
彼らのスキル向上のためにワザを伝授するオッサン(失礼!野瀬さんという方です)。

想定外の困難(道具破損、大雨)を乗り越えて稼動に漕ぎ着けます。
見守る村人、子供たち。
仕事人バンク仕事人バンク仕事人バンク仕事人バンク
水を流す。水車が回る。やったー。自動で杵を搗いてはる。
喜ぶ子供たち。うれしそうなオッサン(失礼!野瀬さんです)。
なんか感動。
こういった技を持つオッサン達が日本を支えてきたんだな・・と。
昔は物づくりの国とか技術立国とか言われていたんだよな。
今もそうなのか?
posted by ゲーリー at 12:17 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | その他

この記事へのトラックバック