2009年11月29日

【「坂の上の雲」 脚本は野沢尚さん。】3年に渡るテレビドラマ。リスキー。
_オレ内で「野沢作品にハズレなし」の絶対評価となっています。_

坂の上の雲  
 毎週(日)20:00〜 NHK総合

この1ヶ月、ザッピング中にNHKにチャンネルを合わせると
かなりの頻度でそのプロモーションにでくわした「坂の上の雲」。
2009年12月、2010年秋、2011年秋の3年にわたり放映される予定だそうです。
秋山真之を本木雅弘さん、秋山好古を阿部寛さんが演じます。
原作は司馬遼太郎さん。
脚本に野沢尚さん。
フジ系「眠れる森」、日テレ系「リミット もしも、わが子が…」も野沢さんの作品でしたが、
これが面白いドラマで、オレ内で「野沢作品にハズレなし」の絶対評価となっています。
野沢さんのご不幸により、柴田岳志さん、佐藤幹夫さんが加筆編集。

正岡子規(香川照之さん)の妹、正岡律(菅野美穂さん)の少女期、吉田里琴ちゃんにも注目。
最近、石井萌々果ちゃんに押され気味の里琴ちゃん。
萌々果ちゃんは、テレ朝「マイガール」を足がかりに
この数ヶ月でCM「キヤノンPIXUS」「ケンタッキーフライドチキン」と売れっ子状態に。
子役業界も熾烈です。

それはさておき、
3年に渡るテレビドラマって過去に例があるのだろうか。
リスキー。
ドラマ、映画の続編でキャストの交代は観る側に違和感を覚えさせ
一気に現実に引き戻される。
1クールのドラマですら、不慮の事故や病気・犯罪などで
途中降板がめずらしくもない。

酒井法子さんみたいなこともあるわけで、
いろんな意味で、
演者さんの身体検査(政治家が大臣に就任するまえみたいな)が必要になることでしょう。
posted by ゲーリー at 09:57 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | ドラマ

この記事へのトラックバック