2004年06月01日

セルジオ越後の日本語能力について

1日19:00〜テレビ朝日系
「サッカーオリンピック代表親善試合 日本vsマリ」から
オリンピック代表

解説は松木安太郎とセルジオ越後。
前半15分、セルジオが、
「高松が自分の仕事をしてるナリに
 坂田も自分のスピードを生かすような
 プレーをして欲しいですね。」
とコメント。
カレはこの「・・・ナリに・・・」を多用する。
もう11年、
Jリーグが発足し、TVでサッカー観戦するようになった
11年前から
このフレーズに違和感を感じてる。
11年前に産まれた子供がBerryz工房になる歳月だ。
文法的にカレが多用する「・・・ナリに・・・」はナイと思う。
という気持ちを抱えながら、ここまで無策のまま過ごしてしまった。
オレに策があったとしても大勢は変わらんのだが。。。

セルジオ越後。苗字は越後。
名前をみても、顔をみても、確実に日本人のDNAを受け継いでいる。
しかし日本語能力は、
ベタな西洋顔のセイン・カミュに劣る。
100%純正韓国人のユン・ソナやBoAには、かろうじて勝利。
うーん。条件が違うので比較にならんか。。。
同じ条件。
名前をみても、顔をみても、確実に日本人のDNAを受け継いでいる。
そんな比較対象。
あっ、いた。
ケイン・コスギ。苗字は小杉。
日本語能力的には・・・・
引き分けだな。

きょうの
日本vsマリは
1vs1のドロー。
posted by ゲーリー at 21:48 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのトラックバック