2004年06月10日

【うたばん 平原綾香。そっち行っちゃダメだっ!】直太朗化の危機から彼女を救え

10日20:00〜TBS系「うたばん」から

ゲストは堂本剛、平原綾香、森山直太朗。
うたばん初登場・平原綾香が
「水に音楽を聞かせて凍らせるとキレイな結晶ができるんです。」
「私の『ジュピター』を聞かせたら、どんな結晶ができるか見たい。」
と発現。
さとう珠緒の(いや、長井秀和のほうが正確か?)
「うちのぉ〜、お水にぃ、『おいしくなぁあれ、おいしくなぁあれ』
 って言うとぉ、ホントにぃ、おいしくなるんですぅ。」
を連想して、「アレっ?!そういう人?」との思いがよぎったが
「気のせい。気のせい。」と自分に言い聞かせ、
なりゆきを見守っていた。
すると、
トークの最中、アカペラでジュピターをリクエストされ、
「♪へぇ〜ぶうりでえぃ(Evryday)」の「へぇ〜」で
石橋に歌を止められ
「へぇ〜 って。へぇ〜って。」と
その発音にツッコミを入れられてた。

これって、
およそ1年前、やはり直太朗がトーク時に、
アカペラで「さくら」をリクエストされ、
「♪ぶぉ〜くらわぁ〜(僕等は)」で、
これもやはり石橋に歌を止められ
「ぶぉ〜 っすか。ぶぉ〜」
とツッコまれて以来、転落の一途を辿り、
だいたひかるにネタにされ、
気がつけば、どの番組でもトークが噛み合わず、
視聴者をイライラに陥らせ、
自称「夕暮れの代弁者」
改め「起きぬけの革命家」に至り、結果、現在ビミョーな存在に。。。
という変遷の序章を彷彿とさせる。

冒頭の水のハナシは、まあそうなのだろう、
これは不問として、
 #歌は上手いがデフォルメ効きすぎ
 #育ちが良さそう
 #浮世離れした雰囲気
などなど、
共通点いや直太朗資質を充分持ち合わせているように思う。

彼女を救わねば!
ダレかが気を配ってあげなければ!
どんな事象にも共通するのだが、
シグナルは常に送られてる。
なってしまってから、起きてしまってからでは遅いのだ。

って、そんな大層なものでもないんだけどね。


追記
9日23:15〜テレ朝系「マシュー’s Best Hit TV」で
ゲスト登場時に
「阿藤快さんですっ!」
と紹介後、加藤あいが登場。
加藤あい

そのネタ、オレが先だよお〜(インスタントジョンソン風)
(過去ログ:名前にまつわるエトセトラ)
と思いながら観ていた。
しかし、阿藤快は数年前から指摘されてたそうだ。
そりゃそーだよなあ。


posted by ゲーリー at 22:39 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203177

この記事へのトラックバック