2006年09月19日

【「東京シティー競馬中継」 釣られるもんか・・】柳沼淳子さんムチを奮う・・。
_小森谷徹さんは恐らく日本一、籠った喋り方をする競馬キャスターです(断言)。_

東京シティー競馬中継 9・17(日)19:00〜 東京MXテレビ
月曜まで開催されていた東京シティー競馬。17日(日)は小森谷徹さん進行、柳沼淳子さんアシスタントでLive中継してました。TCK060917a.jpgこの中継、コーナーのひとつに「アイラブTCK」なるものがあって、今回は柳沼さんが大井競馬場内にあるポニー乗馬についてレポート。以前、柳沼さんの画像をネットで目にしたことがあるのですが、なんてんでしょ、迫力満点、戦艦で例えると大和・武蔵級、そう、メガトン級、大鑑巨砲主義。
ウマ科とはいえ所詮ポニー・゜・(PД`q。)・゜・
ポニーごときに大鑑巨砲主義のお相手がつとまるのか?
オレの心配をよそにコーナーは進みます。題して「ヤギ、騎乗」。柳沼さんに必要性のないムチを持たせ、必要性のないTCK特製勝負服にお着替え・・。くそー。このスタッフ。絶対釣ってやがる。釣られるもんか・・。釣られるもんか・・。しかし、あっさり陥落のオレ。柳沼さん、いざポニーのもとへ。
TCK060917b.jpgTCK060917c.jpgTCK060917d.jpg
結局、大鑑巨砲主義が災いしてか柳沼さんはポニーに乗せてもらうことができませんでした(原則、子供のみ乗馬可能の模様)。
で、
東京シティー競馬中継でひとつ気になる点を。
進行の小森谷徹さんの喋り方が気になるのです。口を開かない。喋らないという意味ではなく、文字通り口を開かない籠った喋り方をするのです。もちろん、全く口を開かないのではなく(いっこく堂じゃないんだから当然ですが)、一般のアナウンサー諸氏と比較して口を開く面積が少なくハキハキ感が欠如しているように感じるのです。
しかし、これがハマる。クセになる。
柳沼さんに対する姿勢もどこかSチックで、これもまた視聴意欲を掻き立てられるのです。
やるな。MXテレビ。( ̄ー ̄)ニヤ...

posted by ゲーリー at 18:37 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのトラックバック