2005年04月02日

【連続テレビ小説「ファイト」 第1週レビュー】本仮屋ユイカ好発進!
_モトカリちゃん「イーダッ!」の表情。あーざーっす!それいただきました。_

3月28日週(月)〜(土)8:15〜 NHK総合「ファイト」より


「四っ国っ!四っ国っ!」(ダイナマイト四国コール)
「モトカリちゃんっ!モトカリちゃんっ!」(本仮屋ユイカコール)
現在、注目してる二人です。
ダイナマイト四国は18歳で上京したとき、幡ヶ谷に暮らしていたワケです。で、思い出の食堂の主人に今でも「マイトクン」と呼ばれ、オリジナルTシャツは¥12800・・・(た、高い)。で、なにかっちゃー、肉離れ。嗚呼いとおしい・・・。
そして、モトカリちゃんの「ファイト」。もうオレ脳内でお祭りです。日本の春の3大祭りとして「ヤマサキ春のパン祭り」がみんなに認知されて久しいのですが、あとのふたつは知りません。今週は「ヤマサキ春のパン祭り」を押さえて「ファイト」で決まりです。
モトカリちゃん好発進!
連ドラ史上最低の視聴率発進?はあ?!悔しくないもんねえ。「優は脚が強い」だもんねえ。そのドラマが面白いかどうかはオレマターで決めるんだもんねえ。

さて、「ファイト」本編。初回放送のラストで芦毛の馬に向かって(厩務員が近くにいるのにも関わらず)「はじめまして。木戸優ですっ」。って。だ、大丈夫か?鼻歌でグリーングリーンを唄いながら草や花や蝶に話し掛け、「ゴー・ファイ・ウィーン!」てなことにならないよね。脚本は橋部敦子。「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」の人ですね。チョット安心。モトカリちゃんをよろしくお願いします。本仮屋ユイカ1.jpg
この芦毛の馬の命名を託されたとき、オーナーに「この子。触ってもいいですか?」「いいですよ。」とオーナー。「調子乗んなよ。」と若い厩務員。するとモトカリちゃん「イーダッぴかぴか(新しい)」の表情。あーざーっす!それいただきました。この若い厩務員に対して色んなバリエーションの「イーダッぴかぴか(新しい)」を繰り出すモトカリちゃん。シンプルだけどこの攻撃は効きますね。キクーっ!

◆◇◆

今週、花見を予定していたオレですが、東京はまだ本咲きには至らず来週にリスケしました。一緒に行く人間に予定変更の旨を知らせると「お弁当つくってくね揺れるハート」と。キクーっ。この攻撃は効く。こういうベタだけどシンプルな攻撃は、単純な回路しか持ちえてないオレみたいな人間には効きます。DFラインの裏に放りこむシンプルなロングボールサッカー。これを繰り返すうちにディフェンダーは疲弊し、DFラインはズルズル後退し、中盤が間延びして、中盤のプレスが緩み、結果、自由にボールを持たれて、決定的な場面を作られる。シンプルな思想・戦術・行動に勝るものなし。

◆◇◆

これから色んな試練に立ち向かう「ファイト」。9月まで励まされたり楽しんだり。そんなドラマになることを期待します。


posted by ゲーリー at 11:29 | 東京 ☁ | TrackBack(1) | ドラマ

この記事へのトラックバック

ファイト 第1週 「しあわせ」 
Excerpt: 今週の感想。 女の世界は怖い。優と里夏、早くもドロドロだよ。 のりピーの声はユイ
Weblog: 今日の出来事 part2 & STRIKE ZONE
Tracked: 2005-04-03 22:52