2007年11月11日

【「2007ワールドカップバレーボール・女子」 3年前の怒声が・・。】「何が大山じゃー!ボケー!」
_お気に入りは木村沙織選手、感情移入は大山加奈選手です。_

2007ワールドカップバレーボール・女子  11・10(土)21:00〜 フジテレビ系列

ドラマの開始時間を気にしつつ「ワールドカップバレー」を観るワケです。
「Hey!Say!JUMP」
今年のスペシャルサポーターは「平成ジャンプ」。
オイラは「平成ノブシ・コブシ」が好きです。
選手でお気に入りは木村沙織、感情移入は大山加奈です。
木村沙織大山加奈
なんで大山加奈に感情移入するのか。
2004.05.09(日)に放映されたTBS系列「ZONE」で次のようなヒトコマがありました。
当時、成長過程にあった未来の大器・大山加奈に対して、
柳本監督がその覇気のなさを激しい口調で叱責。
 柳本監督:「なにが、大山じゃー! ボケェー!」
 大山加奈:「・・・・」(困惑の表情)
ここでオイラは頼まれもしないのに
大山さんの心理状態を推測(妄想)するのです。
 # 苗字のこと言われもなあ。。。たらーっ(汗)
 # 「なにが大山じゃー!・・・」ってことは、この苗字って
   そんなポジティブなパブリックイメージなの?
 # 大きな山ってことで、ツッコまれてるわけ?
 # じゃあ監督は「お前みたいなもん、小山で充分じゃー!」って
   言いたいのなあ。
 # でも187cmの小山って19歳の女の子のほうが
   一般的にはツッコまれそう。。。
 # え?「お前みたいなもん、大でも小でなもないっ!
   中途半端なんじゃー!」って?
 # じゃあ、中山あたりがベストな苗字だな。

精神科医はクライアントの心理分析をしても感情移入や詮索はしません。
オイラには精神科医の資質はなさそうです。
posted by ゲーリー at 11:38 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのトラックバック