2009年10月17日

【「秋華賞」 競馬予想2009】若手騎手の台頭を期待しホクトグレインを狙い撃ち。
_ローズS3着馬<2125>実績からクーデグレイスを絡めて高配当。_

秋G1・第2弾、秋華賞。
ムリを承知の穴狙い。
この春からの若手騎手の台頭を期待しホクトグレインを狙い撃ち。
無欲の田中博がスイスイ逃げるようだと波乱も・・・。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 1) ホクトグレイン
   古馬相手の1000万で2000mを1.59.9で制しての秋華賞。穴資格アリとみる。
   1番枠で「腹は決まった」と逃げ宣言。人気薄の田中博が楽に逃げるようだと・・・。
○ ( 3) ブエナビスタ
   3番枠で3冠制覇?!札幌記念のように短い直線で届かないのでは?・・・。
   ただし3着を外すとも考えられず。
▲ (10) クーデグレイス
   前走ローズS3着。過去10年、ローズS3着馬の秋華賞実績は<2125>。
   レコード決着に0秒2差は圏内とみる。 
△ (12) ブロードストリート
   4ヶ月休養明けのローズSをレコード勝ち。
   馬体を戻しながらの調整であったのにもかかわらずこの結果は秀逸。
△ ( 5) レッドディザイア
   ローズS2着もブロードストリートと同タイムのレコード。
   桜花賞、オークス共に2着の実績は秋緒戦を見ても健在。
注 ( 8) ラインドリーム
   6月6日の遅いデビューの後、未勝利、500万を勝ち上がり紫苑Sを2着で秋華賞。
   夏の新勢力としてマーク。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 18:58 | 東京 ☀ | TrackBack(11) | スポーツ

2009年10月03日

【「スプリンターズS」 競馬予想2009】狙うは人気薄マルカフェニックス。
_抽選滑り込みセーフ。ソルジャーズソングの運も見逃せない。_

秋G1の季節がやってきました。
第1弾はスプリンターズS。
狙うのはマルカフェニックスとソルジャーズソング。
人気馬と絡めて高配当を期待します。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 2) アルティマトゥーレ
   前走セントウルSで昨年のスプリンターズS覇者スリープレスナイトに0.4秒差の圧勝。
   鞍上・松岡も「なんの不安もない」と自信のコメント。素直に軸指名。
○ ( 5) マルカフェニックス
   「今までで一番いい動きをしている」の厩舎コメント。
   前走失敗したスタートもメンコで対応。2度叩いたことで確実に上昇。
▲ (10) ソルジャーズソング
   抽選をクリアしての出走。そして手が空いていた内田。運が向いてる。
   今春の高松宮記念で15番人気も3着した実績。ここでも。 
△ ( 7) シーニックブラスト
   国際レーティング122はスプリンターとしては世界最高。
   このレースを制したサイレントウィットネスやテイクオーバーターゲットも豪州産でした。
△ ( 1) ヤマニンエマイユ
   1200mで1着3回、2着3回のスプリント適性は侮れない。
   前傾ラップになるようであれば差し切りを警戒して連下に配備。
注 (13) ローレゲレイロ
   今春の高松宮記念を制したG1ホルダー。前走59kgを背負っての大敗は度外視。
   男・藤田伸二も堂々の逃げ宣言。気持ち良く逃げれば面白い展開も。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 18:29 | 東京 ☁ | TrackBack(11) | スポーツ

2009年06月27日

【「宝塚記念」 競馬予想2009】G1だと4着が定位置?狙うはカンパニー。
_テン乗りの岩田は侮れない。昨年3着馬のインティライミを絡め春G1シリーズ大団円。_

次々と大団円を迎える春ドラマ。
春のG1シリーズも大団円といきたいところ。
狙うはカンパニー。
ここらで馬券に絡んできそうな気がします。
なんと言っても、テン乗りの岩田。
一発も。

☆★本紙の見解★☆ 
◎ (14) カンパニー
   横山典がスクリーンヒーローを選択し岩田騎乗。テン乗りの岩田は怖いジョー。
   距離?天皇賞(秋)でウオッカ、ディープスカイと同タイム。その前年も3着。圏内とみる。
○ (11) ディープスカイ
   前日オッズ1.6倍で勿論の一番人気。
   勝てば凱旋門賞参戦をオーナーにお願いする。と昆師。鞍上・四位に重圧が。また2着?
▲ ( 2) インティライミ
   昨年のこのレース3着馬。佐々木昌厩舎-佐藤哲ライン。なんか宝塚記念で好走しそうな・・。
   休養明け2戦目の金鯱賞7着から昨年は3着。今年も休養明けで金鯱賞6着からの参戦。 
△ ( 1) マイネルキッツ
   天皇賞(春)を人気薄で制したヒシミラクルは直行した宝塚記念でも6番人気でした。
   で、結果はG1を連勝するワケです。この馬も?!
△ ( 7) アルナスライン
   日経賞をレコード勝ち。そのときの2着はマイネルキッツ。天皇賞(春)はマイネルキッツの2着。
   天皇賞(春)は歴代3位の好タイム。時計がこの2頭の充実ぶりを証明してます。
注 ( 4) アドマイヤフジ
   新春の中山金杯を制した後、重賞戦線を3着、4着、4着。3年連続の宝塚記念。
   逃げ馬不在。川田が気持ち良く逃げれば面白い展開も。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 21:05 | 東京 ☀ | TrackBack(11) | スポーツ

2009年06月07日

【「安田記念」 競馬予想2009】ダービー馬2頭のマッチレース?
_果敢にローレルゲレイロ。ヒモにスズカコーズウェイで勝負。_

ダービー馬2頭のマッチレースムードの安田記念。
いいのか?それで?いいのかオレ?
ルーツ飲んでゴー。
ウオッカ。圧巻7馬身差VのヴィクトリアマイルCもタイムは3歳G1のNHKマイルCと同タイム。
ディープスカイ。昨秋G1シリーズ劇走の後、4ヶ月休養し大阪杯2着で始動。その後2ヶ月挟んでの安田記念。
過信は禁物とみます。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ (17) ローレルゲレイロ
   8時現在単勝5番人気26倍。高松宮記念Vのあとここ1本を目標に仕上げ。
   距離がどうかだがG1マイル2着2回の実績あり。鞍上は勝負師・藤田伸二。狙いたい。
○ ( 3) ウオッカ
   海外遠征惨敗で不安視されたヴィクトリアマイルCを7馬身ブッチギリの圧勝。
   ただタイムは3歳G1のNHKマイルCと同じなんだよなぁ・・・。
▲ ( 1) スズカコーズウェイ
   5月に入り1600万を勝ち上がり、2週後にG2京王杯SCを制覇。
   こういう馬は押さえるベキとオレに経験が教えてくれる。 
△ ( 6) ディープスカイ
   3歳で古馬を相手に天皇賞、ジャパンCと互角に渡り合った実績。
   ただ2009年は4月の大阪杯2着で始動後の2戦目。このあたりが不安要素か。
△ ( 5) ホッカイカンティ
   柴田政人師をもってして「デビュー以来最高のデキ」を素直に評価。
   石橋脩がクセを知り尽くしたお手馬。この春G1のトレンドは若手の台頭。
注 (11) コンゴウリキシオー
   渋った馬場。堂々の逃げ宣言。おととしのこのレース2着の実績。
   ノーマークだとアレヨアレヨも。押さえたい。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 08:48 | 東京 ☁ | TrackBack(11) | スポーツ

2009年05月30日

【「日本ダービー(東京優駿)」 競馬予想2009】ブレイクランアウト。叩き2戦目、渋った馬場。
_ヒモに皐月賞4着も低評価のシェーンヴァルトを絡めて高配当狙い。_

NHKマイルCで果敢に◎指名しズバリ的中だったジョーカプチーノが
まさかのダービー参戦。
皐月賞スルーのNHKマイルC勝利のダービー参戦。
キミはキングカメハメハかっ!

☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 8) ブレイクランアウト
   共同通信杯を勝った後の休養明け2戦目。前走NHKマイルCはダービーの叩き台。
   渋った馬場にフレンチデピュティの血が騒ぐ。鞍上は勝負師・藤田伸二。狙いたい。
○ (18) アンライバルド
   あの新馬戦・・・と伝説になりそうな、2冠馬・ブエナビスタとリーチザクラウンを撃破したレース。
   ブエナビスタに続き2冠なるか。ただG1で1番人気の岩田は案外だったり・・の印象も。
▲ (13) シェーンヴァルト
   皐月賞4着馬。アンライバルドはともかく、3着セイウンワンダーとは0秒4差。馬券圏内と見る。
   デイリー杯2歳Sのレコード勝ちのように展開がハマれば一発も。 
△ ( 1) ロジユニバース
   皐月賞惨敗で評価急落も5戦4勝はタダ者ではない。道悪巧者ネオユニバースの仔。
   シルバーコレクター横山典。連下に配すべき1頭。
△ ( 7) ナカヤマフェスタ
   「全てが思い描いた通りの調整ができた」「何の不安もない状態で競馬場に向かえる」
   この厩舎コメントに惹かれました。人気薄のステイゴールド産駒は侮れない。
注 ( 9) ジョーカプチーノ
   NHKマイルC勝利もフロック視?距離?の前日オッズ7番人気の16.3倍。
   父がマンハッタンカフェだけに距離を克服しても不思議ではない。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:38 | 東京 ☁ | TrackBack(18) | スポーツ

2009年05月23日

【「オークス(優駿牝馬)」 競馬予想2009】先週は◎ブラボーデイジー2着で馬連53.1倍ゲット。
_今週の狙いはルージュバンブー。抽選突破のツキは見逃せない。_

先週のビクトリアマイルは、◎指名の10番人気ブラボーデイジーが2着で
馬連53.1倍をゲット。
今週はヒモ荒れ狙いです。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 7) ブエナビスタ
   これは逆らえない。馬券圏を外すとは思えません。
   距離面が不安だった桜花賞を突破。2冠へ視界良好。勝って凱旋門賞へ。
○ ( 9) ルージュバンブー
   チューリップ賞は不利もあり足を余してブエナビスタに0秒4差の3着。
   4分の1の抽選をクリア。抽選を突破した馬がクラシックで馬券に絡むのはよくある風景。
▲ ( 5) ダノンベルベール
   前日オッズ10番人気35.8倍。桜花賞8着で評価が落ちた今が買い時。
   人気薄の国枝厩舎。阪神JF2着の実績は侮れない。 
△ ( 3) レッドディザイア
   桜花賞2着馬。デビュー3戦目にしてG1を2着はポテンシャルの証明。
   マンハッタンカフェの血統で距離延長が悪いはずがない。
△ (13) ブロードストリート
   藤原英厩舎3頭出しの一角。なぜか3頭とも外枠へ。
   厩舎期待度は一番下も、得てしてそんな馬が結果を残すもの。多頭出しは・・の格言通り。
注 (11) イナズマアマリリス
   血統が気になる。スエヒロジョオー、スエヒロコマンダーの気を受け継ぐ馬。
   高配当馬券を演出する血統。忘れたころに・・・。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 21:10 | 東京 ☀ | TrackBack(15) | スポーツ

2009年05月16日

【「ヴィクトリアマイル」 競馬予想2009】先週は◎ジョーカプチーノをズバリで196倍をゲット。
_今週はブラボーデイジーを狙います。_

先週のNHKマイルC。
◎ジョーカプチーノをズバリ。3着グランプリエンゼルも注指名。
シルバーコレクター横山典のレッドスパーダは取りこぼしたものの
ワイドでしぶとく196.1倍をゲット!
今週も狙います。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 2) ブラボーデイジー
   前走、重馬場を制して重賞制覇(福島牝馬S)。明日は雨予報。33.9倍の10番人気。
   鞍上は無欲の生野。先週の藤岡康に続き若手の台等に期待。狙いたい。
○ (11) ヤマニンメルベイユ
   昨年、このレースの4着実績。「状態はアップしてるよ」の厩舎コメント。
   5ヶ月休み明け叩き2戦目の重馬場を58kgで3着。柴山も色気アリ。
▲ ( 6) ウオッカ
   実績は言うまでもなく申し分なし。2008年の年度代表馬。東京の実績も申し分なし。
   しかし、ドバイでの負けっぷりが引っ掛かる・・。 
△ (14) カワカミプリンセス
   おととし、このレースで一番人気を10着と裏切りました。
   重賞戦線における安定感。G1シルバーコレクター横山典。連下に。
△ (17) レジネッタ
   春先のフレンチデピュティー産駒は侮れない。アドマイヤジュピタ、エイシンピュティー。
   この馬自身も桜花賞馬。休み明けを57kgで叩いて5着。バケラッタ。
注 ( 4) ブーケフレグランス
   ウオッカとともに角居厩舎からの出走。他頭出しは人気薄を狙え。
   兄はダイワメジャー、姉はダイワスカーレット。競馬は血統。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 21:23 | 東京 ☀ | TrackBack(17) | スポーツ

2009年05月09日

【「NHKマイルC」 競馬予想2009】ジョーカプチーノ。低評価の重賞ウイナー。
_ヒモに10番人気、11番人気で連勝のグランプリエンゼルを絡めます。_

先週の天皇賞(春)。マイネルキッツ。
やはりG1で人気のないときの国枝厩舎は侮れない・・・。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 3) ジョーカプチーノ
   2戦前の重賞(ファルコンS)勝ち馬にして前日オッズ37.7倍の10番人気。
   藤岡康騎乗だと2戦2勝。狙いたい。
○ ( 6) アイアンルック
   毎日杯の勝ち馬はNHKマイルCで4戦4勝のデータ。
   広くて長い直線の東京で追える小牧。末脚自慢のこの馬には悪いはずがない。
▲ (14) タイガーストーン
   直近5戦のオープン、重賞で常に掲示板をキープ。
   父アフリートのマイラー血統。しぶとく馬券に絡めば高配当。 
△ ( 4) サンカルロ
   ニュージーランドTの1.33.8の好時計はメンバー最速の持ちタイム。
   中山開催となったNZT勝ち馬はNHKマイル不発もデータは傾向であって法則にあらず。
△ (16) ブレイクランアウト
   昨秋の時点で武豊が「いずれG1を獲れる馬」と公言。
   共同通信杯を勝った後、皐月賞をスルーし照準をここに。G1を獲る気マンマン。
注 (10) グランプリエンゼル
   4ヶ月休養明けを叩いて、500万を10番人気、オープンを11番人気で勝利。
   内田博へのスイッチは期待の表れと受け取りました。狙いたい。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:58 | 東京 ☀ | TrackBack(14) | スポーツ

2009年05月02日

【「天皇賞(春)」 競馬予想2009】ゼンノグッドウッド。鞍上も馬券心をくすぐる。
_ヒモに国枝厩舎のマイネルキッツで高配当演出を期待。_

アサクサキングスが前日最終オッズで4.4倍の一番人気。
なんだか今年は荒れそうな気がします。

☆★本紙の見解★☆ 
◎ (10) ゼンノグッドウッド
   1000万、1600万、オープンを3連勝での大舞台。6歳にして本格化?
   武幸四郎が鞍上というのも馬券心をくすぐる。
○ (16) スクリーンヒーロー
   休み明けの阪神大賞典を叩いて4着。
   2004年天皇賞(春)のイングランディーレ以来のG1なるか。横山典。
▲ ( 2) マイネルキッツ
   重賞戦線で常に掲示板に名前が載る馬。相手なりに走る馬。
   ピンクカメオ、マツリダゴッホ。人気薄の国枝厩舎は高配当を演出するイメージ。押さえたい。 
△ (15) モンテクリスエス
   武豊。今年はここまでG1で沈黙。平成の盾男。
   モンテ自身は、ここ数戦で馬券を外さない堅実ぶり。
△ ( 3) ジャガーメイル
   昨秋アルゼンチン共和国杯をスクリーンヒーロと同タイムの2着。
   その後、国際G1香港ヴァース3着実績がフロックでないこと証明。
注 ( 8) トウカイトリック
   長距離経験が豊富なレース巧者。
   おととしの天皇賞(春)でメイショウサムソンの3着実績も。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:04 | 東京 ☀ | TrackBack(16) | スポーツ

2009年04月18日

【「皐月賞」 競馬予想2009】ベストメンバーの持ち時計に注目。
_1月初に中山2000mを2.00.7は秀逸でしょう。_

牡馬クラシック緒戦。
皐月賞。

イチローが通算安打で日本記録を更新。
野球-競馬連動説を唱える本紙は、
( 5)-( 1)の馬単も買い足します。
しかし、( 1)ロジユニバースはともかくとして、
( 5)はミッキーペトラかぁ・・・。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 6) ベストメンバー
   年明け早々の寒竹賞(中山2000m)を2.00.7で走破。
   この時期とタイムとしては秀逸ではないでしょうか。持ち時計はメンバー中No.1です。
○ ( 1) ロジユニバース
   4戦4勝。無敗でのクラシック挑戦。展開を選ばない脚質。死角なし?!
   しばらくG1で勝てていない鞍上・横山典は相当な重圧かと・・。
▲ (16) アンライバルド
   あの新馬戦・・・と伝説になりそうな、桜花賞馬・ブエナビスタとリーチザクラウンを撃破したレース。
   岩田騎乗なら3戦3勝。G1馬・セイウンワンダーを蹴った岩田の選択に1票。 
△ (18) リーチザクラウン
   ヴィクトリー、キャプテントゥーレと2年続けて逃げた馬が勝ってる皐月賞。
   しかし、ラジオNIKKEI杯のロジユニとの4馬身差の印象が・・・。
△ ( 3) サトノロマネ
   抽選を潜り抜けてのクラシック出走。こういった運は侮れない。
   しかも、忘れた頃にG1で穴をあける国枝厩舎。オレセンサーが反応。
注 (17) シェーンヴァルト
   先行する馬が多いメンバー構成。前掛かり展開の様相。
   デイリー杯2歳Sのレコード勝ちのように展開がハマれば一発も。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:05 | 東京 ☁ | TrackBack(20) | スポーツ

2009年04月11日

【「桜花賞」 競馬予想2009】ブエナビスタには逆らえないが高配当を狙うなら。
_イナズマアマリリス。スエヒロ ジョオー、スエヒロコマンダーの系譜。_

春のG1戦線第2弾。
桜花賞。

暖かいを通り越し、暑いくらいの陽気となった日本各地。
東京も26.1度。
近所の桜が散り始めました。
明日は花見の最後のチャンスかな。
花見をしながらワンセグTVで桜花賞観戦の予定でいます。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ ( 9) ブエナビスタ
   これは逆らえない。馬券圏を外すとは思えません。
   仕上がりも上々。勝ち方次第ではダービー挑戦とか?!
○ (15) ジェルミナル
   名伯楽・藤原英調教師の「これまでで一番の状態で出せるよ。」に好感。
   サクセスブロッケンでフェブラリーSを制した同厩舎。ここでも。
▲ ( 7) サクラミモザ
   初芝の前走チューリップ賞で、ブエナビスタにあわや・・の場面を演出。
   能力は証明済み。「桜の季節にサクラがぁ〜」みたいなぁ。 
△ (14) ルージュバンブー
   これも前走チューリップ賞で、ブエナビスタに0秒4差の3着。
   ただし前が壁になる不利もあり足を余しての0秒4差。侮れない。
△ ( 6) ワンカラット
   「いやー。ホントいいねー。ここまでは青写真通り。」は藤岡健調教師の言。
   サクラミモザを蹴ってワンカラットを選択した鞍上・藤岡佑。
注 (12) イナズマアマリリス
   血統が気になる。スエヒロジョウオー、スエヒロコマンダーの血を受け継ぐ馬。
   高配当馬券を演出する血統。忘れたころに・・・。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:49 | 東京 ☀ | TrackBack(17) | スポーツ

2009年03月28日

【「高松宮記念」 競馬予想2009】競馬-野球連動説を唱える本紙。WBC連覇に着目。
_予想はアーバニティ-アーバンストリートの都会(アーバン)コンビでワンツーで。_

春のG1戦線スタート。
高松宮記念。

競馬-野球連動説を唱える本紙は、
侍JAPANのWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)連覇に着目し
 W : ウエスタンダンサー
 B : ビービーガルダン
 C : コスモベル
を別腹で購入します。 


☆★本紙の見解★☆ 
◎ (15) アーバニティ
   千六、千四でタメを教え込んで千二へ路線変更し準オープン、重賞を連勝。
   何と言っても絶好調の横山典。今年すでに重賞6勝。G1連敗は77でストップ。
○ ( 7) アーバンストリート
   アーバニティ-アーバンストリートの都会(アーバン)コンビでワンツー。
   厩舎コメントの「絶好調」宣言が心強い。
▲ ( 5) トウショウカレッジ
   中京1200mのレコードホルダー、シーイズトウショウと、桜花賞レコード勝ちの
   シスタートウショウが血族に存在。そのスピード適正は見逃せない。 
△ (14) ドラゴンファング
   前走は重賞初挑戦にして3着と好走。成長が見込める4歳馬。
   左回り<3300>の実績もプラス材料。
△ (13) ローレルゲレイロ
   香港で外国馬相手のスピード競馬を経験させての高松宮記念。
   帰国初戦は大敗したものの2戦目の阪急杯で2着。全てはここに照準を合わせたローテ。
注 ( 9) キンサシャノキセキ
   昨年の1200mのG1、高松宮記念、スプリンターズSこもに2着。
   前走は5ヶ月休養明けを10着。ただし勝ち馬とは0秒3差。評価が落ちてるようだとオイシイ。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:49 | 東京 ☀ | TrackBack(17) | スポーツ

2009年03月08日

【「09ワールドベースボールクラシック」 日本vs韓国。】観客席で起こったウェーブ。
_韓国応援席も一緒にウェーブ。これにスタジアム全体がどよめき。_

09ワールドベースボールクラシック  
 03・07(土)19:00〜 テレビ朝日系列

第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)1次ラウンドA組の日本vs韓国。
侍ジャパン、14対2で7回コールド勝ち。
こ、これは・・・。
予想外の大差、しかも7回コールドとは。
朝鮮日報や中央日報はどう報じるのだろうか。
やはり「国辱もの」とか書きたてるのでろうか。
ただ、順当にいけば、1次ラウンド1位通過をかけてもう一戦やるワケで
次は、こういかないだろうな。

イチローが復調気配の3安打3得点で、
この日の4番・村田がホームラン。下位打線に控える城島も一発。
左対策の内川もいい仕事。
投げては、松坂の立ち上がりは不安が残ったが
渡辺(俊)、杉内の安定感。
先を見据えてイイ資産ができましたね。

この一戦で一番印象に残ったのは、
実はゲームとは関係ないところでした。
レフト側のスタンドの一角に陣取った韓国応援団。
当然、観客席の大部分は日本の応援で占められていて、
大差に気を良くした観客席は大盛り上がりです。
そこに観客席で起こったウェーブ(Audience wave)。
韓国応援団のレフトスタンドでウェーブが途切れるんだろうなと思っていたら、
続きを読む
posted by ゲーリー at 10:59 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツ

2009年02月21日

【「フェブラリーS」 競馬予想2009】個人的にダートといえば森厩舎のイメージなんです。
_ビクトリーテツニー。今年も穴っぽいところを狙っていきます。_

今年もやります。GT予想。
2009年緒戦のフェブラリーS。

昨年も書いたのですが、
ダイワスカーレットの回避で目玉を失った感があります。
2年続けて同じことを書くことになるなんて・・・。
しかも引退。
2008年のJRA年度代表馬はウオッカでしたが、
自分の仲間内では
自分でレースを作って連を外さないダイワスカーレット最強説が大勢でした。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ A カネヒキリ
   ダート馬は勝ち続けているうちは買うべし。オレの中の鉄則。
   史上最多のGT8勝は目の前。
○ D バンブーエール
   昨秋のJBCスプリントの覇者であることを忘れてはいけない。
   休養明けを叩いての2戦目。人気が落ちてる今が狙い目。
▲ I ビクトリーテツニー
   個人的にダートといえば森厩舎のイメージ。ノボジャック、ノボトゥルー、スターキングマン。
   それに昨年末のカペラSのJRAダート1200mレコード勝ちは見逃せない。 
△ M カジノドライブ
   登録の時点では補欠の2番手だったのが滑り込みセーフで出走可能に。
   この手の運は見逃せない。ドバイ遠征の叩き台としても恥ずかしい走りはできないはず。
△ K エスポワールシチー
   逃げ馬で佐藤哲とくればタップダンスシチー。この馬もシチーの逃げ馬。
   昨秋の錦秋Sの1.35.5は昨年の覇者ヴァーミリアンと同タイム。楽に逃がすと怖い。
注 J アドマイヤスバル
   マイルCSを18番の最低人気で7着。芝・ダートを問わない柔軟性。
   金曜日の雨で締まった馬場。芝の経験が生きるような気がする。。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆
続きを読む
posted by ゲーリー at 21:00 | 東京 ☀ | TrackBack(20) | スポーツ

2009年02月11日

【「日本vsオーストラリア」 監督崖っぷち?!】2010FIFAワールドカップアジア最終予選。
_決 定力不足という言葉は嫌いです。単に弱いってことでしょ。_

2010FIFAワールドカップサッカーアジア地区最終予選 日本vsオーストラリア  
 2・11(水)19:11〜 テレビ朝日系列

「絶対に負けられない戦いがそこにはある」
そう呟き、
パチンコ屋にいざ出陣。
「花の慶次」にチンチンにやられるオイラ・・
JAPAN PRIDE。。・°°・(;>_<;)・°°・。わーん。
北の外資獲得に貢献してしまった。
半年に一度くらいの頻度でやりたくなるんだよね。オイラ。パチってば。

で、今日のサッカー。
突如、岡田監督の進退問題が浮上。
先日、アジアカップ予選でバーレーンにアウェーとはいえ負けてる日本。
バーレーンが弱いチームとは思わないが、
日本もセカンドチームではあったが、
それにしても・・・。の感。
イタリアが
ピルロやトーニやブッフォンを欠いていたとしても
バーレーンには負けないだろう。
フランスが
アンリやベンゼマやマケレレを欠いていたとしても
バーレーンには負けないだろう。
ポルトガルが
クリスティアーノ・ロナウドやデコやファン・デル・サールを欠いていたとしても
バーレーンには負けないだろう。
ブラジルが
カカやロビーニョやジーダを欠いていたとしても
バーレーンには負けないだろう。
アルゼンチンが
・・・・
16ヶ国くらいは挙げられると思う。
32ヶ国はどうだろう・・・。
それが現在の日本の力量なんじゃないかな。
ワールドカップ32ヶ国に入れるか入れないかの当落線上。
応援してます!日本代表!

それにしても、スポーツマスコミがよく使う
あの「決定力不足」という言葉なんとかならないか。
日本はスキルはあるけどゴールに
続きを読む
posted by ゲーリー at 17:36 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツ

2008年12月27日

【「有馬記念」 競馬予想2008】天皇賞(秋)0秒1差のエアシェイディを狙いたい。
_山本モナの謹慎が年内で解かれます。アドマイヤモナークなんてどうでしょう。_

今年の中央GTオーラスを飾る有馬記念。
まだ今年のGT戦線、サンデーサイレンス産駒が勝ってないんですよね。
初年度産駒のフジキセキから昨年まで14年連続で続いている記録。
今年で途切れるのか?
SS産駒、マツリダゴッホに期待が集まる中、
もう1頭のSS産駒、エアシェイディに本紙は注目です。
それと奇しくも、大井競馬(トゥインクルレース)のイベント後、
サキヨミ降板の山本モナが復帰します。
競馬-芸能界連動説を唱える本紙はアドマイヤモナークにも注目したいところです。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ E エアシェイディ
   前走・天皇賞(秋)、ウオッカに0秒1差。その後は有馬一本に絞り、目イチの仕上げで更に上昇。
   今年、はるな愛がエアあややでブレイク。エアシェイディ。あるよねぇ〜。
○ G スクリーンヒーロー
   ジャパンカップで果敢に本紙◎指名。見事、3連単を獲得させてもらいました。
   3歳秋から11ヶ月の長期休養後、成長の一途。勢いはそのまま。
▲ C エアジパング
   この秋のGT戦線、本紙がずっと追いかけてきた藤原英厩舎。仕事人・藤田伸二とのコンビ。
   今年、はるな愛がエアあややでブレイク。エアジパング。あるよねぇ〜。 
△ L ダイワスカーレット
   3連対率100%。積極的に切る理由がナニもありません。
   強いのは確かだが去年の有馬や今秋天皇賞(秋)のような場面の再現もあり得るワケで。
△ I マツリダゴッホ
   苦手とされる左回りのジャパンカップで0秒2差の4着。右回りの今回はプラス材料。
   中山マイスターの称号も気楽な立場だった去年とは状況が異なる。
注 D フローテーション
   休養後、叩き2戦目の菊花賞を15番人気で2着。その後、古馬と対したステイヤーズSも2着。
   伸び盛りの3歳馬にして上昇の一途。ルメール-橋口厩舎ラインはハーツクライを彷彿。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:13 | 東京 ☀ | TrackBack(21) | スポーツ

2008年12月20日

【「朝日杯フューチュリティS」 競馬予想2008】ホッコータキオンを狙い撃つ。
_2戦連続レコード走破の事実は重い。連下にトウカイフィットで高配当狙い。_

今年の朝日杯FSは、
現時点でリーチザクラウンの次に強い馬を決めるレース・・・
てことになるのでしょう。
リーチザクラウン
名前からして
すでに王冠にリーチをかけてるワケで。
ちなみにそのリーチザクラウンは、
27日のラジオNIKKEI杯2歳Sに出走予定です。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ N ホッコータキオン
   野路菊Sをレコード勝ち、デイリー杯2歳Sをレコード決着の2着(同タイム首差)。
   2戦連続ともなれば「レコードの反動」格言も該当しないだろう。単勝6番人気は狙いごろ。
○ @ ミッキーパンプキン
   無傷の2連勝。中山マイルは内枠有利にして2戦とも逃げ切った馬にマイナス要素の訳がない。
   鞍上はペリエ師匠。ルメール、デムーロの次は・・・。
▲ K ゲットフルマークス
   前走の京王杯2歳Sを14番人気にして高配当演出の逃亡劇。
   好調をキープしてるとのことでフロック視は禁物。 
△ D ブレイクランアウト
   武豊復帰。有馬記念、間に合いました。
   百戦錬磨の鞍上をもってして「素質がある」と。それだけで買い。
△ E トレノパズル
   「エアシェイディの同時期より上だと思う」は伊藤正師の言葉。
   新馬戦を勝ちあがったばかりで底が見えてない。そこに横山典が手綱を。押さえておきたい。
注 C トウカイフィット
   前日オッズでは単勝90.0倍のブービー人気。
   栗田師の「とにかく絶好調。抽選通過の幸運にも期待。」の言葉が引っ掛かります。マーク。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:02 | 東京 ☀ | TrackBack(13) | スポーツ

2008年12月13日

【「阪神ジュベナイルフィリーズ」 競馬予想2008】検討会で妙味はパドブレの結論。
_スエヒロジョウオー、スエヒロコマンダーの系譜イナズマアマリリスとで高配当狙い。_

成瀬馬券注意報 ミスター・O氏と居酒屋で検討会。
システム基盤構築を生業とする二人で
熱い技術論を展開。
・・・5分くらい。
で、
本題の阪神JF検討に議題は移行。
Nパドブレが妙味!
の結論で一致しました。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ D イナズマアマリリス
   祖母スエヒロジョウオーはこのレースで大穴を空けました。父も大穴メーカーでした。
   鞍上・吉田豊のGT獲得は牝馬が多い。事実このレースの2戦2勝。果敢に◎指名。
○ N パドブレ
   新馬戦を勝ち、翌週連闘でダリア賞(オープン)を制し3ヶ月の休養へ。
   叩き初戦の前走(GU京王杯2歳S)大敗。人気落ちしてる今回が狙い目。雨なら尚、面白い。
▲ H ミクロコスモス
   ウオッカ、トールポピーと2年連続で抽選を通過しこのレースを制した角居厩舎。
   2度あることは・・・。武豊が「来年の牝馬路線はこれで」の惚れ込みよう。 
△ L ブエナビスタ
   近親にアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラの良血馬。
   とにかくデビュー前から「めちゃくちゃ走る」と厩舎スタッフが漏らすほどの逸材。
△ P ジェルミナル
   前走・黄菊賞で牡馬にただ1頭混じり、厳しいレースを経験(1着)。
   本稿で何回か取り上げた2007年度JRA賞最高勝率調教師の藤原英師。そろそろ。
注 E ルシュクル
   先週がルメール、先々週がデムーロ。大相撲の優勝争いの様相。今週はデムーロ?
   前走・ファンタジーSは5着ながらも勝ち馬に0秒3差。鞍上強化で期待。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:01 | 東京 ☁ | TrackBack(17) | スポーツ

2008年12月06日

【「ジャパンCダート」 競馬予想2008】JCは◎スクリーンヒーローで3連単689倍を獲得。
_今週は連下にボンネビルレコードとサンライズバッカスを狙いたい。_

先週のジャパンC、本命スクリーンヒーローから3連単689倍をGET!
ヤッター!ヤッター!ヤッターマン!
先々週のマイルCSの3連複117倍といい、
その前のエリザベス女王杯といい好調です。
今週のジャパンCダート、
軸は素直にヴァーミリアンとして、
連下は波乱要素アリ!かと。
ボンネビルレコードとサンライズバッカスを
狙いたいです。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ E ヴァーミリアン
   中華料理レストランチェーンみたいな名前です。ペロッといけそうです。
   国内GT6連勝中。当然のように軸馬に指名。
○ O ボンネビルレコード
   2走前の日本テレビ盃(1着)を日本レコード(1800メートル1分47秒8)で走破。
   去年のJCダートと同じ大外枠は気になるところだが・・。狙いたい。
▲ B サンライズバッカス
   昨年のフェブラリーSを制したGT馬であることを忘れてはいけない。
   その後、勝ちきれないものの馬券圏内の常連。連下にキープ。 
△ F サクセスブロッケン
   ダービーしんがし負けはご愛嬌。4ヶ月ぶりの前走でヴァーミリアンに肉薄。
   反動は気になるが伸び盛りの3歳馬。外せない。
△ @ ワンダースピード
   阪神コースとの相性の良さは買い材料。阪神2000mでレコード勝ち2回。
   スタートが決まれば経済コースをロスなく走れる。
注 M フリオーソ
   「追い切りの動きは今まで一番じゃないかな。とにかく絶好調だよ。」の厩舎コメント。不気味。
   ブライアンタイムと母方の父ミスタープロスペクターの配合もダートでは魅力。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 19:31 | 東京 ☀ | TrackBack(16) | スポーツ

2008年11月29日

【「ジャパンC」 競馬予想2008】先週のマイルCSは3連複117倍を獲得。
_今週はスクリーンヒーローとトーホウアランを狙いたい。_

先週のマイルCS、本命は外れてしまったものの
予想2、3、4番手を3連複でしぶとく押さえて117倍をGET!
うれしさも半分ですが当たらないよりマシ。
今週のジャパンC、顔ぶれは豪華だが
激戦の反動であったり、海外遠征惨敗であったり、不得手なコースであったり、
穴馬台頭の可能性十分とみます。
スクリーンヒーローとトーホウアランを
狙いたいです。


☆★本紙の見解★☆ 
◎ O スクリーンヒーロー
   3歳秋から11ヶ月の長期休養後、1000万、1600万、オープンを好走し重賞制覇。
   底を見せてない気がする。そこに名手デムーロが騎乗。狙いたい。
○ C ウオッカ
   天皇賞(秋)激戦の反動は確かに気になるが、叩き良化型の馬であることも事実。
   牝馬同士より牡馬と走ったほうが結果を残す馬。ここでも。
▲ G トーホウアラン
   「今までで最高と言える状態に仕上がったよ。自信を持って送り出せる」
   2007年度JRA賞最高勝率調教師、藤原英師のお言葉。見逃す手はない。
△ H ディープスカイ
   天皇賞(秋)で古馬に混じっても戦える戦闘能力運力を証明。
   やはり反動は気になるが伸び盛りの3歳馬。外せない。
△ L マツリダゴッホ
   右曲がりのダンディー。左回りはダメと周囲の評価は固まってるようだがホントに?
   てことは有馬記念では人気になるだろうから今回の安値買いはお徳だな。
注 B トーセンキャプテン
   僚馬ポップロック回避で滑り込みセーフ。このシチュエーションは怖いと経験が教えてくれます。
   それにジャングルポケット産駒って府中走るしね。

☆★成瀬馬券注意報 ミスター・Oの見解★☆ 
続きを読む
posted by ゲーリー at 20:03 | 東京 ☀ | TrackBack(15) | スポーツ