2004年11月20日

【マイルCS GT競馬予想・秋の陣E】ローエングリン!ってー!にデュランダル。
_ガンダムSEED制作陣には競馬好きがいるのかも。_

土曜18:00〜 TBS系列「ガンダムSEED DESTINY」から


ガンダムシリーズ。一昨年のシリーズでは女性艦長が「ローエングリン!ってー!(撃て)」って、しょっちゅう言ってたし、今回のシリーズでは「デュランダル議長」ってキャラクターが登場してます。ひょっとしたら制作スタッフに競馬好きが存在するのかも・・・と思ってます。どうして毎回毎回、仮面被ったキャラが出てくるのか、由美かおるの入浴シーン並みに必然性を感じないのだが、今回の仮面の人は「ムーさん」で間違いないですよね。

<テレビ遺憾の意 競馬関連ログ>
■【あしたのG 吉岡美穂は62kg?!】ゴルゴ松本が暴露!
■【スプリンターズS GT競馬予想・秋の陣@】予想というより願いです_このスピードは見過ごせない。そしてイチロー馬券も押さえたい。_
■【秋華賞 GT競馬予想・秋の陣A】スプリンターズS 馬単◎▲で的中_イチロー馬券的中で「事件-馬券」連動説論者のおバカさん(オレ)更に勢いづく_
■【菊花賞 GT競馬予想・秋の陣B】セカチュウ・サクちゃんの誕生日は10月23日_「あしたのG」本命クラッシャー吉岡美穂恐るべし_
■【天皇賞(秋) GT競馬予想・秋の陣C】菊花賞「バルク、吉岡美穂の呪縛に沈む」_「あしたのG」吉岡予想は見逃せない_
■【エリザベス女王杯 GT競馬予想・秋の陣D】天皇賞「狙いすぎ?でしくじる」の巻。_人気薄ダンス◎はよかったが・・・。だけど今週も狙います。_

さあ、今週はGT秋第6弾。マイルCS。
そこで 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

   マ┃イ┃ル┃ C┃ S┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」マイルCS増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)
ご注意ください。
買い目によっては、100円が199万円に!(20日11:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。
客席予想陣・O氏の
「成瀬馬券注意報」もお楽しみに。


★☆本紙の見解☆★
◎ Jメイショウボーラー
   休養明け叩き2戦目。前走稽古不足でも馬券に絡むしぶとさ。
   今年のマイルCS唯一のタイキシャトル産駒。
   狙います。
○ Eマイソールサウンド
   ここ3戦案外なのは、きっとここで本田が穴をあける為の舞台装置。
   今年、重賞2勝。金杯制覇は同距離・同コース。
   狙います。
▲ Gテレグノシス
   府中の鬼。
   京都ということで馬券の盲点になってオッズに影響すようなら面白い。
   天皇賞、外外をまわるロス。今回は横山典を配し万全を期す。
△ Nダンスインザムード
   天皇賞の本紙本命。その期待に応える激走。
   今回も54Kg。だが前走の反動も心配。
   本紙の印は軽め。
△ Fデュランダル
   昨年マイルCS優勝馬にして短距離部門の年度代表馬。
   今年のGT戦線でも数々の不利のなか常に2着をキープ。
   最後は確実に伸びる脚。人気でもきれない。
注 Hバランスオブゲーム
   昨年マイルCS4着。安田記念は3着。
   地味に侮れない。
   天皇賞が案外だっただけに買い頃かも。
   
 (1)『展開は?』 
 枠に恵まれた@ギャラントアローが逃げる。
 JメイショウボーラーNダンスインザムードが2番手で追走し
 FデュランダルGテレグノシスが後方待機。
 直線に向いたところでJメイショウNダンスが@ギャラントを捕らえ
 鬼脚を持つFデュランダルGテレグノシスがそれに襲いかかる。
   
 (2)『馬券的妙味は?』
 オレ、穴師・本田のEマイソールサウンドを狙うんです。
 ※オッズは20日11:00現在
 ・GTで3連単予想は楽しい、 J→E→G   19987.7倍
 ・オッズ重視3連複予想、   E⇔H⇔J     2383.4倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、 F⇔N        3.6倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 今週のめでたいニュースといえば「紀宮さま婚約内定」。
 紀宮さまのお誕生日は4月18日。
 ※オッズは20日11:00現在
 ・3馬単 C→@→G     15739.1倍
 ・3馬複 @⇔C⇔G      1872.4倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Bラクティ
  素直に欧州GT5勝を評価。
  気まぐれラクティ、今回は走るほうに賭ける。
○ Jメイショウボーラー
  中野在住S嬢推奨馬。春は厳しいローテーションも凡走無し。
  強い3歳世代、逃げ粘りに期待。
▲ Fデュランダル
  スプリンターS等最後は必ず延びてくる。
  京都の長い直線ならなおさら脅威。
△ Iプリサイスマシーン
  当初アンカツ騎乗予定。藤田に乗替りも多いに歓迎。
  マイルは適距離、一発の予感。
注 Kアドマイヤマックス
  幸四郎、おいしい乗替り。
  気合の騎乗でアドマイヤの2週連続GT制覇。


日曜は府中に出陣します。イダテンが走るんです。


posted by ゲーリー at 11:41 | 東京 🌁 | TrackBack(4) | スポーツ

2004年11月13日

【エリザベス女王杯 GT競馬予想・秋の陣D】天皇賞「狙いすぎ?でしくじる」の巻。
_人気薄ダンス◎はよかったが・・・。だけど今週も狙います。_

天皇賞、せっかく人気薄ダンスインザムードに◎をうったのに・・・。ゼンノロブロイを切るという暴挙を馬券の神様が許してくれるはずもなく、天を仰ぐばかりのオレなのでした。金八先生も昨夜、あいだみつをの言葉を借りて「いいことはおかげさまで。わるいことは身から出たサビ。」と言ってらっしゃいました。馬券がとれれば、みなさんのおかげ。外せば身から出たサビ。今週はこの気持ちで臨みます。で、今週も狙います。

<テレビ遺憾の意 競馬関連ログ>
■【あしたのG 吉岡美穂は62kg?!】ゴルゴ松本が暴露!
■【スプリンターズS GT競馬予想・秋の陣@】予想というより願いです_このスピードは見過ごせない。そしてイチロー馬券も押さえたい。_
■【秋華賞 GT競馬予想・秋の陣A】スプリンターズS 馬単◎▲で的中_イチロー馬券的中で「事件-馬券」連動説論者のおバカさん(オレ)更に勢いづく_
■【菊花賞 GT競馬予想・秋の陣B】セカチュウ・サクちゃんの誕生日は10月23日_「あしたのG」本命クラッシャー吉岡美穂恐るべし_
■【天皇賞(秋) GT競馬予想・秋の陣C】菊花賞「バルク、吉岡美穂の呪縛に沈む」_「あしたのG」吉岡予想は見逃せない_

さあ、今週はGT秋第5弾。エリザベス女王杯。
そこで 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

   エ┃ リ┃ザ┃ベ┃ス┃女┃王┃杯┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」エリザベス女王杯増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)
ご注意ください。
買い目によっては、100円が335万円に!(13日26:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。
客席予想陣・O氏の
「成瀬馬券注意報」もお楽しみに。


★☆本紙の見解☆★
◎ Dドルチェリモーネ
   前走・秋華賞でも狙った一頭だったが不発。
   秋華賞の時もそうだったのだがVTRで調教状態を見ると凄くよく映るのだ。
   今回、高田から岩田康へ。怪しすぎるのだ。
○ Gヤマニンアラバスタ
   秋華賞の本紙本命。
   前走は競馬をしてないという関係者の声もあるが、それでも掲示板確保。
   紫苑Sのあの豪脚は侮れない。
▲ Kアドマイヤグルーブ
   武豊。エリザベス女王杯と相性がよいイメージが・・。
   ここで弾みをつけて来週のマイルCS、アドマイヤマックスへ。
△ Iメイショウバトラー
   府中牝馬S時の絶好調だった状態をキープとのこと。
   後方待機の有力馬が牽制しあうようだと浮上。
   逃亡劇あるかも〜。
△ Mエリモピクシー
   鞍上に福永を配したあたり、厩舎の意気込みが。
   (渡辺はアンカツの代打でEレクレドールへ)
   登録時は補欠の1番手だったがファインモーションの回避で出走。運がある。
注 Cオースミハルカ
   昨年はサクラプレジデント、今年もスティルインラブと大物食い。
   脚質も逃げ一辺倒から脱却。
   押さえておきたい。
   
 (1)『展開は?』 
 Iメイショウバトラーが逃げる。2番手にCオースミハルカの体勢で間違いないだろう。
 競いかける馬もいないと思われ、先行馬がマイペースに持ちこめるのでは?
 しかし、広い直線。しかも平坦。後方の馬が競馬しやすかったりもする。
 「差し馬vs逃げ馬」。激戦の予感。
 本紙は、キレる脚・状態のよさからDドルチェリモーネGヤマニンアラバスタを指名。
 そこに先行2頭IバトラーCハルカが絡むと推察しました。
   
 (2)『馬券的妙味は?』
 Dドルチェリモーネが絡めば間違いなく高配当。
 今週も狙います。
 ※オッズは13日26:00現在
 ・GTで3連単予想は楽しい、 D→G→K  12801.8倍
 ・オッズ重視3連複予想、   C⇔D⇔K   1083.0倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、 C⇔K     12.1倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 今週は、柔道井上康生・SRS東原亜希の熱愛発覚。
 格闘家(バトラー)熱愛(ラブ)IメイショウバトラーNスティルインラブ。
 ※オッズは13日26:00現在
 ・馬単 I→N    115.3倍
 ・馬単 N→I     79.3倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Pエルノヴァ
   ここにきて本格化の兆し。
  しかも藤沢和−ペリエのコンビ、やはり恐い。
  初重賞制覇がGTも充分有り。
○ Nスティルインラブ
  前走でやっと復調の兆し。
  昨年2着の鬱憤を晴らす。
▲ Cオースミハルカ
  前走先行して最後にもうひと伸び、強い勝ち方だったように思う。
  今回距離不安も大物食いの本領発揮!。
△ Bグローリアスデイズ
  秋華賞でも狙ったが、今回小牧に鞍上強化。
  チークピーシーズで真面目に走れば能力上位。
△ Eレクレドール
  アンカツ→渡辺の急遽乗り替りは不安も、
  ステイゴールドの全妹の良血に期待。
注 Oウォートルベリー
  正直いって解りません。
  でもルメールだし去年のタイガーテイル3着の例もあるし押えは必要。


「いいことはおかげさまで。わるいことは身から出たサビ。」
この言葉を胸に。いざ勝負。


posted by ゲーリー at 21:04 | 東京 ☁ | TrackBack(3) | スポーツ

2004年10月29日

【天皇賞(秋) GT競馬予想・秋の陣C】菊花賞「バルク、吉岡美穂の呪縛に沈む」
_「あしたのG」吉岡予想は見逃せない_

23日25:15〜 フジテレビ系「あしたのG」から


コスモバルク、春に続き吉岡美穂の呪縛に沈みました。ここまでくると見逃せませんね。「あしたのG」吉岡予想。それにしても気になるのは五十嵐(冬)だ。バルクを取り上げられたりしないか・・・。バルクの次走以降のスケジュールを押さえてないのだが、なんか次走あたりシレッと武豊が乗っている図が見えるワケです。

<テレビ遺憾の意 競馬関連ログ>
■【あしたのG 吉岡美穂は62kg?!】ゴルゴ松本が暴露!
■【スプリンターズS GT競馬予想・秋の陣@】予想というより願いです_このスピードは見過ごせない。そしてイチロー馬券も押さえたい。_
■【秋華賞 GT競馬予想・秋の陣A】スプリンターズS 馬単◎▲で的中_イチロー馬券的中で「事件-馬券」連動説論者のおバカさん(オレ)更に勢いづく_
■【菊花賞 GT競馬予想・秋の陣B】セカチュウ・サクちゃんの誕生日は10月23日_「あしたのG」本命クラッシャー吉岡美穂恐るべし_


さあ、今週はGT秋第4弾。天皇賞(秋)。
そこで 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  天┃皇┃賞┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」天皇賞(秋)増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)
ご注意ください。
買い目によっては、100円が1710万円に!(30日11:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。
客席予想陣・O氏の
「成瀬馬券注意報」もお楽しみに。


★☆本紙の見解☆★
◎ Cダンスインザムード
   54kg。有力馬とは4kg差。ルメールに乗り換わり。展開が向きそうな気が。
   前走はレース前の発汗で判るようにイレこみが激しくレースぶりも悪かった。と。
   今回、中間は落ちついてるとのこと。中1週がどう出るか。
○ Aテレグノシス
   いわずと知れた府中の鬼。
   休み明けの前走・毎日王冠もあっさり勝利。
   勝浦もチャンスとおもってるはずで期待。
▲ Eトーセンダンディー
   2000m持ち時計1.58.2は魅力。
   江田の一発という可能性も。
   オールカマーのような展開になれば・・・。
△ Iローエングリン
   馬が出たなりに任せるとのこと。
   厩舎側のムリに逃がさない姿勢が信頼感と期待のあらわれとみる。
   横山典だしぃ〜。
△ Dツルマルボーイ
   昨年の2着馬。今年、安田記念で念願のGT制覇。
   先週に引き続きダンスインザダーク産駒が・・・。
   押さえておきたい。
注 Mヒシミラクル
   先週の調教をVTRで観たのだが・・・。正直しんどい。
   しかし、この馬はやっぱ、ミラクルなので。
   ミラクルに理由はいらない。
   
 (1)『展開は?』 
 Eトーセンダンディーが先手をとるだろう。
 その後ろをIローエングリンCダンスインザムードが追走すると予想。
 枠順確定時、有力馬の厩舎コメントに「枠はどこでも」的なものが多かった。
 つまり有力どころに差し馬が多い。このあたりが牽制しあって・・・。
 東京2000mは外枠不利が定説で、特に先行タイプはモロに影響を受ける。
 内枠で前目にいた馬が粘り、末脚に強烈な決め手を持つ馬が絡む。
 本紙は斤量に恵まれるCダンスインザムードを指名。
 しまい確実に伸びるAテレグノシスDツルマルボーイと
 内枠の先行馬が馬券に絡むと推察しました。
   
 (2)『馬券的妙味は?』
 本紙◎Cダンスは秋華賞4着で中1週。間違いなく人気薄。
 しかし、秋華賞1着でここ天皇賞に向かっていれば人気になったはず。
 狙います。
 ※オッズは30日11:00現在
 ・GTで3連単予想は楽しい、 C→A→E  22177.2倍
 ・オッズ重視3連複予想、    C⇔E⇔M  14961.1倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、  A⇔D     10.7倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 今週は、西武松坂・日テレ柴田アナ電撃婚約。
 オールスター時、既報の読みはあながち外れてなかった。
  松坂の背番号「18」。柴田アナは日テレで「4」。
 ※オッズは30日11:00現在
 ・3連単 @→G→C    14058.4倍  
 ・3連複 @⇔C⇔G     1797.2倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Iローエングリン
  今回は展開、馬場(週末雨予想)も味方。
  鞍上の横山典、春天に続き秋天でも逃げ切り勝ちだ!
○ Kシルクフェイマス
  中野在住S嬢推奨馬。
  最近私の予想は不調につき、今回対抗に抜擢。
  確かに春天3着、侮れない。
▲ Nバランスオブゲーム
  今回のローテーション、この馬にとっては理想的。
  なんだかとっても勝負気配を感じるのです。
△ Aテレグノシス
  府中が舞台ならトニービン産駒は無視できないでしょう(その1)。
△ Jナリタセンチュリー
  府中が舞台ならトニービン産駒は無視できないでしょう(その2)。
△ Bシェルゲーム
  唯一の外国産馬。要注意。
  また藤沢和厩舎3頭出しの中での最低人気となるはず。なおさら要注意。
注 Lゼンノロブロイ
  いまいち勝ち切れないもどかしさも、今回は鞍上が魅力。
  いくら人気になっても押えは必要でしょう。

キングカメハメハ離脱でどの馬にもチャンスが。
よって週末に期待です。


posted by ゲーリー at 19:27 | 東京 ☀ | TrackBack(1) | スポーツ

2004年10月22日

【菊花賞 GT競馬予想・秋の陣B】セカチュウ・サクちゃんの誕生日は10月23日
_「あしたのG」本命クラッシャー吉岡美穂恐るべし_

10月16日25:40〜 フジテレビ系「あしたのG」から


吉岡が悪いワケじゃない。わかってる。わかっているが・・・。彼女が1番人気を本命に指名するとその馬は惨敗。1番人気馬を指名しないとその馬が人気に応える。そんなことが続くうちに「本命クラッシャー」と呼ばれるようになった吉岡。先週も断然の1番人気ダンスインザムードを本命に指名するも結果は4着。若槻千夏は「めちゃ×2イケ」において自らを「バカマンじゃない!ヤリマン!」と公に宣言していたが、吉岡、「サゲマン」なんじゃねーの!と言いたくなる人もいるのではないでしょうか。今週は菊花賞にコスモバルクが登場。以前番組内でバルクにまたがった吉岡が本命に指名することが予想されるワケで、全国のバルクファンの悲痛な叫びが聞こえてきそうなのです。

◇◆◇

先週の秋華賞予想。惨敗でした(展開の読み自体は悪くない・・と自分を慰めてます)。ウラの重賞、府中牝馬Sを軽い金額でやったのですが、こちらは1〜3着ズバリ。こんなときに限って、3連単ではなく3連複を選択しており「人生とは上手くいかない」そんな思いを強くした今はもう秋。だれもいない海なのでした。
<テレビ遺憾の意 競馬関連ログ>
■【あしたのG 吉岡美穂は62kg?!】ゴルゴ松本が暴露!
■【スプリンターズS GT競馬予想・秋の陣@】予想というより願いです_このスピードは見過ごせない。そしてイチロー馬券も押さえたい。_
■【秋華賞 GT競馬予想・秋の陣A】スプリンターズS 馬単◎▲で的中_イチロー馬券的中で「事件-馬券」連動説論者のおバカさん(オレ)更に勢いづく_


さあ、今週はGT秋第3弾。菊花賞。
そこで 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  菊┃花┃賞┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」菊花賞増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)
ご注意ください。
買い目によっては、100円が242万円に!(23日13:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。
客席予想陣・O氏の
「成瀬馬券注意報」もお楽しみに。


★☆本紙の見解☆★
◎ Bグレートジャーニー
   前走、ハナをきり、キングカメハメハを負かしにいっての4着。
   今回、1・2番人気になるであろうハーツクライともコンマ1差。
   先週デイリー杯2歳Sを9番人気で逃げ切った小牧が今回もアレヨアレヨ・・と。
○ Cスズカマンボ
   ダービーで騎乗した武幸四郎が兄・豊に「強い馬だよ」と
   耳打ちされたそうだ。今回はアンカツ鞍乗。母の父がキングマンボ。
   無念のキングカメハメハから元気玉をもらい好走するとみた。
▲ Nコスモバルク
   外枠。前に馬を置いて壁をつくれるか。
   ムキになって追いかけるようだと3000m。ラストが苦しい。
   人気絶大のスターホースだが本紙評価は3番手。
△ Dホオキパフェーブ
   セントライト記念ではNバルクと好勝負。
   横山典騎乗も心強い。
   厩舎コメント「スタミナ勝負なら負けない」と自信を覗かせる。
△ Eシルクディレクター
   マヤノトップガン産駒。熊沢騎乗。
   怪しい。怪しすぎる。マヤノトップガン。思い入れあるんです。
   全く根拠なし。勘です。
注 @オペラシチー
   調教状態が充実してた模様。
   白い帽子で佐藤哲で佐々木厩舎で名前がxxxシチー。
   以前見たような風景。タ、タップダンスシチーの再現?!
   
 (1)『展開は?』 
 FエーピースピリットLコスモステージがハナをきる。
 と予想するのがオーソドックスなのであろうが、
 本紙は枠順からみてBグレートジャーニーがポンと出るのでは?と予想。
 小牧の騎乗に注目。
 秋緒戦となった神戸新聞杯でもハナをきり好走。
 シンザン記念でハナをきりそのまま押しきった実績も評価。
 前走キングカメハメハを負かしにいってIハーツクライにコンマ1差も評価できる。
 Bグレートの後ろにLステージFエーピーが続き、
 この2頭を壁にNコスモバルクが折り合い
 落ちついたペースになると予想。後方イッキの脚質では展開が向かないと判断。
 BグレートNバルクが粘り、秋充実のCスズカマンボがそれに絡むと推察しました。
   
 (2)『馬券的妙味は?』
 Bグレート絡みだと高配当確実。
 そこで上記の本紙印からピックアップ。
 ※オッズは23日13:00現在
 ・GTで3連単予想は楽しい、 B→C→N   8759.8倍
 ・オッズ重視3連複予想、   B⇔E⇔@   3758.5倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、 I⇔N      4.6倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 今週は、日本シリーズ。西武・中日のチームカラーはともに青。
 それと今週土曜日10月23日は「世界の中心で、愛をさけぶ」における
 サクちゃん(松本朔太郎)の誕生日です。原作は片山恭一。
  枠番4−4(青)。
  日刊ゲンダイ片山予想は◎Iハーツクライ○Cスズカマンボ▲@オペラシチー
 ※オッズは23日13:00現在
 ・枠連  C⇔C      363.3倍 
 ・3連単 I→C→@     96.1倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Nコスモバルク
  地方の夢、北海道の夢。北海道競馬の騎手たちは
  皐月賞当日勝負服を着て応援していたとのこと。
  私も今回勝負パンツで応援します。
○ Cスズカマンボ
  騎乗停止明けのアンカツだが、
  去年のザップレでのロングスパートが印象的。
  今年もアンカツマジック炸裂だ!
▲ Qデルタブルース
  去年のザップレと同じダンスインザダーク産駒。
  過去長い距離を使ってきた経験がここで一発穴をあける。
△ Hトゥルーリーズン
  前走出走権利内の3着に入ったのに外国産馬の為抽選対象。
  今回見事抽選をパスした運の強さにも期待。
△ Gケイアイガード
  前走カメハメハには敵わなかったがハーツクライには先着、
  夏の上り馬の中では力上位。
注 Oブラックコンドル
  メジャーリーグのリーグ優勝決定戦で
  3連敗から4連勝と勢いにのったレッドソックス、赤つながりで赤木


起死回生!リライトして!
(アジアンカンフージェネレーション「リライト」から)

posted by ゲーリー at 20:30 | 東京 ☀ | TrackBack(3) | スポーツ

2004年10月15日

【秋華賞 GT競馬予想・秋の陣A】スプリンターズS 馬単◎▲で的中
_イチロー馬券的中で「事件-馬券」連動説論者のおバカさん(オレ)更に勢いづく_

14日22:00〜 TBS系「ホットマン2」


凛(美山加恋)ちゃんが七海(山内菜々)ちゃんをイジめてます。「僕と彼女と彼女の生きる道」でイジめられてた凛ちゃんが・・・。
来週の番組予告では父親と母親がケンカして、それを泣きながら止めてました。友情出演で草なぎ剛とりょうがその夫婦役だったら面白かったのに。

杉田かおるが子役時代に、モデルから演技のほうに転向しようとしてた女性をつかまえて「あなたヘタね。女優向いてないんじゃない?」と言い放ったエピソードを思い出し、凛ちゃんや七海ちゃんがそんなんだったら、世の中もうナニも信じられない。
そんな風に思うオレなのです。

◇◆◇

スプリンターズSは◎▲で馬単4010円GET!でした。その週はイチローが最多安打大リーグ記録を更新した週で、イチロー馬券D@を見事?予想。「事件-馬券」連動説論者のおバカさん(オレ)は「自信から確信。田村でも金。谷でも金。」と呟いたのでした。
<過去ログ>
【スプリンターズS GT競馬予想・秋の陣@】予想というより願いです_このスピードは見過ごせない。そしてイチロー馬券も押さえたい。_

さて、今週はGT秋第2弾。秋華賞。
そこで 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  秋┃華┃賞┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」秋華賞増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)
ご注意ください。
買い目によっては、100円が324万円に!(17日09:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。
客席予想陣・O氏の
「成瀬馬券注意報」もお楽しみに。


★☆本紙の見解☆★
◎ Kヤマニンアラバスタ
   先週、調教VTRを見たのだが、その動きがすごく良さげに見えた。
   降着になったものの紫苑Sの末脚は圧巻。
   柴田善への乗り変わりも心強い。今週はこの馬を狙いたい。
○ Aダンスインザムード
   オークスで敗れたときは「ひょっとして距離?」とも思ったが、
   アメリカ遠征GT2000m2着でオレの不安を解消。
   どんな展開でも対応しそうな能力から、人気サイドだが軽視できない。
▲ Bドルチェリモーネ
   今週調教であがり11秒6をマーク。
   実績はイマイチだが調子のいい馬はやはり押さえておきたい。
   人気薄だし高田には思いきった騎乗を期待。
△ Nレクレドール
   ローズS勝ち馬。2000m1.59.0の持ち時計も魅力。
   ただ前走は目イチであったと思っており、
   叩き2戦目となる実績馬たちとは今回こそが本当の勝負では?
△ Jスイープトウショウ
   オークス2着馬。これもローズS組。
   叩き2戦目のここが照準だったはず。距離的にもオークス実績から問題ない。
   人気サイドだが外せない。
注 Fフェミニンガール
   本紙は今回、逃げ馬は残れないとみているのだが、もし残るとしたらこの馬。
   距離的にも疑問だが岩田の騎乗に注目したい。
   
 (1)『展開は?』 
 例年、前半が速くなるこのレース。
 FフェミニンHメイショウオスカルLバレエプランあたりが先行争い。
 その後ろにPアズマサンダースAダンスあたりが追走か?
 例年どおり前半速くなり、直後を追走した実績馬たちが脚を使ってしまう。
 前が止まったとこに「末脚がキレる馬が台頭する」展開を予想。
 本紙はKヤマニンアラバスタを指名。
 昨年末のホープフルS万馬券でお世話になった末脚。
 降着になったものの紫苑Sでみせた末脚。
 あの末脚が炸裂すると推察。というより願いです。
  
 (2)『馬券的妙味は?』
 Kアラバスタからだと人気サイドとの馬単・3連単でも妙味。
 馬連・3連複でも人気薄の調教好調馬Bドルチェが絡むようだと高配当。
 そこで上記の本紙印からピックアップ。
 ※オッズは○○日xx:00現在
 ・GTで3連単予想は楽しい、 K→A→B   1612.7倍
 ・オッズ重視3連複予想、   B⇔F⇔K   7000.9倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、 A⇔J      2.7倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 今週は、「プレーオフ」「経済ニュース」ともにダイエーと西武が関心を引きました。
 チームカラー。西武→青、ダイエー→オレンジ(17日9:00追記)
 ダイエー・王監督が背番号「89」。西武・伊東監督が背番号「83」。
 登場する数字は「8」と「9」と「3」。
  Gヒカルドウキセイ
  Hメイショウオスカル
  Bドルチェリモーネ
 ※オッズは17日09:00現在
 ・枠連  4−7(青・橙)   39.5倍
 ・3連単 G→H→B   32494.5倍 
 ・3連複 B⇔G⇔H    5900.8倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Pアズマサンダース
  桜花賞2着の実力馬。
  叩き2戦目、調教も良さそうで人気的にも狙いごろ。
○ Eグローリアスデイズ
  リンカーンの全妹の良血馬が本格化の気配。
  オークスでも狙ってたんで今度こそ。
▲ Nレクレドール
  これまたステイゴールドの全妹。
  但しピークは前走だったような気もするが・・・。
△ Fフェミニンガール
  中野在住S嬢ご推奨。
  確かにカメハメハと同じキングマンボ産駒、侮れない。
△ Gヒカルドウキセイ
  来週の土曜競馬中継で川村ひかるが
  「名前が同じなんでぇ〜私買ってましたぁ」って喜ぶ顔が浮かびます。
注 Aダンスインザムード
  ダントツの一番人気でしょう。確かに力は抜きん出ていると思うが、
  海外遠征後初戦は凡走の例が多いので
  今回は注評価まで(でも藤沢和厩舎、抜かりはないかな)

さあ!結果は如何に!
posted by ゲーリー at 20:11 | 東京 ☀ | TrackBack(1) | スポーツ

2004年10月13日

【ワールドカップアジア一次予選 日本vsオマーン】今夜、一次予選最大の難関
_ペシミストのオレは心配なんです_

13日23:15〜放送予定 フジテレビ系列「日本vsオマーン」


ペシミストのオレは心配なんです。

2000年のアジアカップ一次予選、サウジそしてウズベキスタンに圧勝し余勢そのままに優勝を手にしたイメージ、あれがつい最近まで自分のなかにありました。しかし、今夏開催された中国でのアジアカップを見るにつけ「日本はアジアのなかでダントツで抜けてる存在ではない」と思い知らされました。マスコミ報道の過大評価に毒されていたことを否定できないのであります。日本はこの10年で急速に力をつけた新興国だということを理解しておかなくてはならない。スポーツジャーナリストの金子達仁氏が03年11月13日のスポニチ・コラムでこんな趣旨のことを書いていた。
2003年の野球アテネオリンピック最終予選に際して、韓国・台湾のマスコミは「うちのチームには日本で活躍する選手がいる。だから優勝できる。」そんなふうには書かなかった。日本のマスコミは欧州組を黄金の中盤とよび幻想を広めている。韓国や台湾の野球ファンが言わなかったことが、今の日本のサッカーをとりまく環境では、まかり通っている。
(全文はスポニチプラス「春夏シュート」でご確認ください)

中国のアジアカップ、オマーン・ヨルダン・バーレーン戦を見るにつけこの思いを強くした。

今年おこなわれたオマーン戦。スコアはともに1vs0であったが、2月のオマーンがカウンターサッカーだったのに対し、今夏のオマーンは終始ペースを握っていたように見えた。アジアカップ出場を賭けた予選ではあの韓国をホームで2vs0と撃破している。きょう日本が2vs0で負けたらドイツへの道がほぼ閉ざされる。けが人が多いのも気にかかる。

ペシミストのオレは心配なんです。
「レフリーが急遽、中国人レフリーに差し換え」
当初、オマーンが選んだレフリーはアジアカップ・日本vsヨルダン戦でPK時に宮本の主張を聞き入れ、3人目からPKを争うゴールを変えたレフリーだった。しかし、ここにきて中国人レフリーに変更。あの中国でのブーイングを見てが中国人レフリーならアドバンテージ(笛が有利)になると思ったのか?

ペシミストのオレは心配なんです。
「日本戦でことごとく決定機をはずした相手FW陣。そろそろ入れちゃうんじゃねーの」
アジアカップで対戦したとき、相手FWがアンリやファンニステルローイだったら「確実に負けていた」と思わせるフィニッシュの精度だった。しかしあれだけ外しまくった相手FW陣。数撃てば確率としてそろそろ入っちゃうんじゃねーの。

ペシミストのオレは心配なんです。
「思いのほかピッチコンディションがいいらしい」
イメージ的に中東のピッチコンディションって悪いような気がしていたのだが、思いのほかイイ芝状態で日本陣営も驚いたそうだ。パスサッカーの日本有利とおもいきや、実はオマーンの自信の表れで「自分たちのほうが支配率が高い」と分析し芝状態を仕上げたのではないか?

ペシミストのオレは心配なんです。
「アジアカップで運、全部使っちゃったんじゃないの」
数々の幸運に助けられたアジアカップ。あのとき運を使いきちゃったんじゃないよね。思えば2月ホームのオマーン戦も後半ロスタイムに幸運にも久保の目の前にボールが転がっての決勝点だった。(あのとき、中村がボールの行方を固まって見てたシーンは印象深い)

とは言いつつ、国歌の最中にブーイング・日本サポーターの足どめや隔離・大使館公用車破壊などが起こる劣悪な環境下を無敗で勝ちぬいた選手達がベースのチーム。楽な相手ではないが勝てない相手でもない。25:00過ぎには「オレってほんと心配性だな」と笑ってられる結果がでてることを望むのです。

posted by ゲーリー at 14:52 | 東京 🌁 | TrackBack(1) | スポーツ

2004年10月12日

【プロ野球 パ・リーグ「プレーオフ」】制度の検証と分析。改善案の検討は必要
_バラエティー番組的な制度は受け入れられるか?_

11日19:00〜テレビ東京系列「パ・リーグ プレーオフ第5戦」から


 内村P:「大竹!10っポインッ!(10ポイント)」
 一同:「おーっ!」(そして拍手)
 内村P:「さあ、最後の問題です。トップの大竹と最下位ふかわの得点差は60ポイント。」
      「ここで特別ルールです。この問題を正解したら1000ポイント!」
 一同:(一斉にたちあがり)「おいおいっ!今までは一体なんだったんスかっ!!」

パ・リーグのプレーオフ。これに似てるように思う。
レギュラーシーズン1位のチームが勝率5割ちょっとの3位のチームにリーグ優勝を奪われるかもしれないという不公平感。

自分のなかで、
メジャーリーグのプレーオフ制度には、それほど不公平感を抱かないのに、
パ・リーグのそれに対する不公平感はどこからくるのか。

この時期、消化試合となった巨人戦よりパ・リーグのプレーオフのほうが優良なコンテンツであることは否定しない。実際、札幌・所沢・福岡を中心に盛りあがりを見せたように思う。自分のように「不公平感は残るが面白かった。」という人間も結構いたのでは?
そこでメジャーリーグとパ・リーグのシステムを比較。

メジャーリーグの場合、ア・リーグとナ・リーグにそれぞれ東・西・中地区が存在しレギュラーシーズンの地区1位6チームがプレーオフ進出。それ以外のチームから勝率で優れる2チームがワイルドカードとしてプレーオフに進出する(つまり合計8チームがプレーオフへのキップを手にする)。メジャーは、ア・ナ両リーグ6地区に4〜6チーム合計30チームが存在し、その中からプレーオフ進出チームを決めるのに対し、日本のパ・リーグは6チームのなかで3位以内になればプレーオフに進出できるようになっている。
「地区リーグ4〜6チーム中、2位でもプレーオフ進出が保証されないシステム」

「リーグ6チーム中、3位以内でプレーオフ進出が確定するシステム」
メジャーの場合、1位でなければプレーオフ進出のハードルは高いのだ。これが不公平感の緩和に繋がっているものと自分は考える。

ほかに、メジャーになくてパ・リーグにあるプレーオフ制度として
「上位チームのホームタウンで戦える」
という特典がある。これは上位チームの選手に対するアドバンテージというより経営側の旨み(スタジアム収益)の意味合いのほうが大きいのではないか。経営主導でこの制度を導入したことが伺える。正直、この点はホーム&ビジターでもいいのでは?そのほうがきっと盛りあがると思うし。

「ホーム開催」特典は別だが、
自分のなかのこの不公平感は年数を経て制度が馴染めば消えるものだろうか?
ある程度の球団数が揃わないと「この感覚は拭えない」。そんなふうに現時点では思えるのだ。あくまでも個人的な感情ですが・・・。

バラエティー番組は冒頭のような理不尽さ加減が面白い。
しかしスポーツは公平(フェア)であることが前提。
制度導入段階での公平(フェア)の線引き。そのサジ加減は重要だ。それがスタンダードとなってしまう可能性もあるのだから。

このシステムを管轄する機関は、制度導入初年度の検証と分析、そして改善(案)を「叩き台」として策定し、広く意見を求めてみることも必要なのではないだろうか。

posted by ゲーリー at 22:06 | 東京 ☔ | TrackBack(1) | スポーツ

2004年10月01日

【スプリンターズS GT競馬予想・秋の陣@】予想というより願いです
_このスピードは見過ごせない。そしてイチロー馬券も押さえたい。_

10月5日21:00〜放映開始予定 フジテレビ系「めだか」


ミムラ演じる目黒たか子。故に「めだか」。
じゃあ、競馬予想の目黒貴子も「めだか」でOKだね。
「めだか」ご祝儀馬券獲得なるか? 注目です。

いよいよGT秋緒戦。スプリンターズS。
そこで 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  ス┃プ┃ リ┃ン┃ タ┃ ー┃ズ┃ S┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」スプリンターズS増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)
ご注意ください。
買い目によっては、100円が95万円に!(2日12:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。
夏競馬が不調だった、客席予想陣・O氏本人の申し出により
「成瀬馬券警報」から格下げ(警報から注意報に)になった
「成瀬馬券注意報」も春同様掲載してます。お楽しみに。


★☆本紙の見解☆★
◎ Dカルストンライトオ
   バーデンバーデンC、脅威的なスピードで逃げた記憶が鮮明に残ってます。
   ゴール前でかわされたものの、その後の充実ぶりは見逃せない。
   現在の中山の馬場状態が先行馬有利なことも穴党であるオレのハートをくすぐる。
○ Hゴールデンキャスト
   遠回りした感のある素質馬。鞍乗・武豊も頼もしい。
   斤量差があったとはいえサニングデール撃破の前走も好材料。
   そろそろビックタイトルがあっても・・。
▲ @デュランダル
   久々、長期休養明け。オッズはどれくらいを指すのか?
   昨年の最優秀短距離馬。GT高松宮記念も久々で2着してるし外せない。
   展開も向くか?
△ Jフェアジャグ
   今回参戦した外国馬が顔を合わせたイギリスGTレースで勝利。
   外国馬では一番手か?
   日本の早い馬場でどうかは未知数だが侮るのも危険だ。
△ Iワンダーシアトル
   夏負けして調子がいまひとつ・・との情報も。しかし、ゴール前で前述Dカルストンを
   かわした馬でもあり連下に。大記録達成間近のイチローがシアトルの球団で
   プレーすることも「事件−馬券」連動説論者のお馬鹿さん(オレ)を惹きつける。
注 Bサニングデール
   前走は斤量差があっての3着。やはり直線の末脚は脅威。
   ただ今年の1200m持ち時計がパッとしない。
   今回、時計勝負になると予想しているため印は軽めです。

 (1)『展開は?』 
 間違いなくDカルストンとCナムラビックタイムが競うように逃げる。
 2、3番手にFカフェボストニアンIワンダーシアトルあたりがつけ、
 @デュランダルBサニングデールが後方待機。
 前は早くなるが、Dカルストンが残り、後方待機の有力馬は3着圏内まで。
 本紙はタイムが速くなるとみており、
 持ち時計のいい、DカルストンHゴールデンIワンダーが浮上。
 前がバタバタになったとこに飛びこむ直線イッキ@B。
 ってな展開になると推察します。
 
 (2)『馬券的妙味は?』
 脅威的なスピードで逃げ残った馬と、強烈な末脚をみせた差し・追い込み馬の
 組み合わせに妙味アリ!とみる。
 Dカルストンが先頭だとオイシイ馬券になるのでは?
 そこで上記の本紙印からピックアップ。
 ※オッズは2日12:00現在
 ・GTで3連単予想は楽しい、 D→H→@   462.5倍
 ・オッズ重視3連複予想、   D⇔I⇔J  9520.1倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、 @⇔B     3.1倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 今週はイチローでしょ。
 シアトルマリナーズってことで
  Iワンダーシアトル
 背番号「51」
  Dカルストン@デュランダル
 記録更新は「84」年ぶり
  GタマモホットプレイCナムラビックタイム
 ※オッズは2日12:00現在
 ・単勝 I      57.4倍  
 ・馬単 D→@    46.1倍 
 ・馬単 G→C   473.6倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Hゴールデンキャスト
  この日の10Rは「タイキシャトルメモリアル」
  ということでタイキシャトル参駒が勝つでしょう。
○ Oウインラディウス
  タイキシャトルといえば藤沢厩舎、今回藤沢厩舎はこの1頭のみ。
  また前々走の1400レコード勝ち(←馬券も頂いた)も素直に評価
▲ Lシーイズトウショウ
  春の高松宮記念で本命にしていたので・・・・

この3頭で馬単Box,3連単Boxで勝負!です。

あと、イチロー257安打達成で
Aシルヴァーゼット→Dカルストンライトオ→Fカフェボストニアン
も遊びで押えます。


日曜日、笑うのはダレだ!?
posted by ゲーリー at 18:44 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年09月04日

【球界再編 「巨人」パ・リーグ移籍計画】元巨人軍オーナーのメンツは保たれるか?
_読売がJリーグの時のようにプロ野球から撤退したとき新しい時代が到来する_

2日16:59〜フジテレビ系「スーパーニュース」から


2日・木曜日に古田選手会長が外国人記者クラブで会見。ストライキ決行のトリガーと実行の意思を表明していた。
このとき、記者から「読売新聞をとらない。日本テレビを観ない。と呼びかけることはできないのか?」の質問に「それは・・(困惑)、考えてません(苦笑い)。」と返答するシーンをオンエアー。敢えてこの部分を電波に乗せたフジテレビなのだが、近鉄・オリックス合併をトリガーとするストライキに関する会見で、表向きには関係のない(実際あるんだろうけど)特定の企業を狙い撃ちした質問とそのオンエアーは「そぐわないないよなあ」と思った。思っていたのだが、そこに
巨人・渡辺前オーナーがパ移籍発言!セ各球団は猛反発(4日付け・サンケイスポーツ)
である。

自分は中日フリークだ。自分のゲーリーという名前は、数年前、中日に在籍していた「♪ゲーリー、ゲーリー、ホームラン(山本リンダの♪ウララのメロディー)」もネーミングの由来の一因だったりする。だがジャイアンツも嫌いではない。上原の気迫溢れる投球も好きだし、二岡に癒されたりもする。親父はジャイアンツ大好き人間だ。自分は読売(というより元巨人軍オーナーというべきか)がキライなのだ。ジャイアンツは「読売ジャイアンツ」である必要はない。「ソニージャイアンツ」でも「朝日ジャイアンツ」でもジャイアンツはジャイアンツだ。「東京ジャイアンツ」という市民球団になればベストだけど・・。そんな風に思っている。

巨人がパ・リーグに移籍するとなれば、セ・リーグ5球団は反発するだろう。オーナー会議で了承しなくても「脱退してパ・リーグと新リーグ設立」となれば結果は同じだ。
元巨人軍オーナー(某ナベツネ氏)が1リーグを画策したりパ・リーグ移籍を画策したりと、そこまでしてパ・リーグと組みたがる理由ってなんだろう?パ・リーグの一部オーナーとの仁義を果たそうとしてるのではないか?ライオンズの主砲・ホークスの主砲・バッファローズの主砲といったチームの顔を譲り受けたとき、何らかの約束があったのではないか?元巨人軍オーナー(某ナベツネ氏)はそれを忠実に遂行しようとしているのではいか?「オレにまかせておけ!」といった手前、それができないとメンツが保てない・・影響力を誇示できない・・と考えているのではないか?

別に、巨人が移籍しようが、2リーグ12球団が維持できればいいのかな・・・。なんて思ったりもするが、なんでもかんでも「読売(というより元巨人軍オーナーというべきか)の思うがまま」というのも腹が立つ。

そこで冒頭の会見に戻る。
「読売新聞をとらない。日本テレビを観ない。と呼びかけることはできないのか?」だ。
第一次長嶋監督時代、監督解任の際の「読売新聞不買運動」は、手痛い記憶として経営陣に残っているとマスコミ等で伝えられている。視聴率が失速ぎみの日本テレビもここで追い討ちをかけられスポンサー収入が減少するのは避けたいだろう。強引に「脱退してパ・リーグと新リーグ設立」しようとするなら、東京・横浜・名古屋・大阪・広島のセリーグ5球団には、これくらいしか有効的な自衛手段はないんじゃないか。

世論を敵にまわしてしまったとき、
その逆風と抵抗に嫌気がさして、
Jリーグでそうしたように球団をホッポリ出してくれないものかなあ?
子供がオモチャに飽きたときのようにさ。

ジャイアンツが「読売ジャイアンツ」である必要はないと思う。



posted by ゲーリー at 14:37 | 東京 🌁 | TrackBack(2) | スポーツ

2004年08月25日

【アテネオリンピック陸上】「もうすぐ登場」のアナウンス工作は精神衛生的に悪い
_中居クンが発した一言に男気をみた_

24日23:55〜TBS系「アテネオリンピック」から

アテネ五輪。
陸上競技。トラック&フィールドのLive映像をみると、
山崎まさよしの「One More Time、One More Chance」がオレの頭でリフレインする。
 いつでも探しているよ。どっかに君(織田裕二)の姿を・・・
 こんなとこにいるはずもないのに・・・。

◇◆◇

TBS、26:00過ぎから「もうすぐ、400mハードル、為末選手登場です。」を連呼。
26:45から、中居クン、クボジュン、小倉アナでより一層それに拍車。
こっちも、タイムスケジュールを押さえてるので、大体の時間は知っている。
400mハードル準決勝は27:00過ぎくらいに開始のはずだ。

それもあって、「もうすぐ・・」の連呼は、どうにもカンにさわる。
あの繋ぎ止め工作に騙されるほうが悪いってか?
世界陸上のときもそうだったが、TBSは特にヒドい気がする。
「1時間位はもうすぐの範囲内っすよ。」って開き直る姿が目に浮かび、それも腹立たしい。

◇◆◇

そして、27:00過ぎに、
「実は27:00過ぎ(に登場)だって判ってたんですけどね。」と中居クン。
あ〜あ。言っちゃった。
根が正直だね。
いや、これは「もうすぐ」の連呼を要求するディレクターへの反逆か?
中居クンの立場だったら怒られることもないだろう。
踊る大捜査線で室井さん(柳葉敏郎)が「正しいことをする為に偉くなる」ことを目指したが、中居クンはそれを実践したかったのかもしれない。
いや。これ、例えが違うな。

◇◆◇

って、ワーワー言うてるうちに、為末、予選準決勝で敗退。

posted by ゲーリー at 14:16 | 東京 ☔ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年08月24日

【残念っ! 「アテネオリンピック・野球」準決勝敗退】日本野球崩壊の序章?!
_サッカー・ワールドカップ・アジア一次予選は大丈夫なの?_

24日17:30〜NHK総合・教育「アテネ五輪 日本vsオーストラリア」から


負けちゃいましたね・・・。
でも、選手達はよく頑張った。
プロだから「頑張った」じゃダメなんだ!とか言われそうだけど、
なんかそんな気分じゃないなあ。

技術的なことや戦術はスポーツ紙や専門誌が分析してくれるだろうが、明らかに通常の精神状態つまり平常心ではなかったことが、画面ごしに伝わってきて気の毒なくらいだった。9回ウラ先頭バッター城島。カウント1−2からセーフティーバンド(えっ?)。失敗。例えば、日本シリーズ3勝3敗で同じ局面でも、セーフティーバンドは選択しなかったろう。解説の星野氏が「弱気ととられても・・・」(執念ととることもできるが・・と付け加えてた)と言っていたが、これひとつとっても通常とは違う精神状態だったことが伺える。阪神在籍のウィリアムスが出てきたら厄介だ。早いとこ、この先発ピッチャーを捕まえなきゃ。回を追うごとに焦る攻撃陣。一昔前、絶頂期の佐々木を擁する横浜と対戦しているときの巨人みたいだった。

今回、オールプロで臨んだアテネオリンピック野球だったが、準決勝どまり。
アメリカは参加してない。ショックは大きい。
オールプロだがオールスターではなかった。ドリームチームじゃなかったと評するマスコミもあるかと思う。1球団2名の足かせをつけて最適な人選ができなかった。それができれば結果は違ったはず・・・と。しかし、オリンピック期間中、シーズンを中断することができなかった体制も含めて、それが日本の野球の実力。という見方で間違いないだろう。世界的にみればマイナースポーツの野球。次回の北京が最後の可能性もある。4年後、この状況は変わるのか?

日本球界の現状に目をやれば、球団減で新規参入拒否。合併は結構だが新規参入を認めないのは納得いかない。1リーグありきで力任せのオーナー企業の姿勢がイヤになる。企業スポーツの限界だな。欧州サッカーにしてもメジャーリーグにしても企業名がチーム名になることはない。オーナー企業は変わってもロサンゼルス・ドジャースはロサンゼルス・ドジャースであることに変わりない。ロシア人がオーナーになってもチェルシーはチェルシーだ。隣の芝は青く見えるのか。羨ましい。暗い気持ちになる。オリンピックの結果が追い討ちとなり一層暗い影をおとす。

◇◆◇

サッカーは、どうなのだろう?

オリンピック初日に、サッカーはケチがついた(いいがかり?)と思っているのだが、あれ以来、女子は連敗。男子も1次リーグ敗退が決まった最終戦まで勝つことが出来ず散々だったワケで、ワールドカップ一次予選が気になってるワケです。オリンピック代表とフル代表は違う?重々承知してますが、連鎖反応って怖いじゃないっすか。
野球でさえ格下相手に負けるのだ。インド代表、(特に)オマーン代表(は、かなり)だって侮れない。
反面教師が存在する。プロ野球の体制だ。Jリーグは代表スケジュールとすり合わせて強化に臨んで欲しい。暑さ対策もある。合宿も必要だろう。野球をみて判るように真剣勝負の国際試合に際しては国内リーグの協力が不可欠だ。

野球にくわえて、サッカーまでアジア予選で敗退したら目もあてられないよ。


posted by ゲーリー at 23:06 | 東京 ☁ | TrackBack(1) | スポーツ

2004年08月23日

【高校野球 祝!駒大苫小牧】プロ野球フランチャイズ1年目に高校野球で快挙
_ブラスバンド応援「Sunny day Sunday」は世代を超え定着するか?_

アテネオリンピックで一言。
昨夜の女子マラソン。競技場に戻ってからは、往年のドリフのコントみたいだった。
「野口ぃー!後ろ。後ろ!」
祝! 野口みずき。オリンピック女子マラソン・日本勢連覇。

◇◆◇

22日13:00〜NHK総合「高校野球 決勝」から


高校野球に「toto」があったら、高配当ではなかったか?
おそらくノーマークであろう駒大苫小牧が打ち合いを制し初優勝。深紅の優勝旗をはじめて北海道の地に持ち帰えることに。
苫小牧といえば、フジテレビ系「はねるのトビら」栞(しおり)の「ありえな〜い。にやにゃにゃにゃ〜い。とまこま〜い。」くらいしか馴染みのないオレなのだが、最終回に2アウトながら対戦相手・済美の4番、プロ注目の鵜久森に打順が回ったときにはシビれた。苫小牧の近隣、室蘭に縁(ゆかり)のある知り合いがいるのだが、このときばかりはカレも同時間帯にあった中央競馬・札幌記念(GU)の結果よりも、こちらのほうが気になったのではないか。余談だが、JRA夏競馬のCMで、さんま師匠が黒い全身タイツを着てVサインの気ぐるみを被っていることから、「2枠(黒枠)で2番(Vサイン)」だな・・・フフフ・・・と勝手に決めつけ撃沈したおバカさんは、ほかでもない自分であります。

駒大苫小牧の快進撃は決勝を含め乱打戦を制したもので、バッティングセンスに秀でた選手達(ホームランも打ってたし)でチームが構成されたことも快挙に至る一因だったのであろう。彼らの中にプロ志向の選手もいるのだろうか。だったら日本ハム・ファイターズは将来性を見極め、是が非でも獲得すべきだ。ダイエー・ホークスが地元の選手を積極的に獲得しパ・リーグNo.1の観客を動員してるのは、いいモデルではないか? で、新庄のもとに弟子入りして「ぼくチン、ヒーローになっちゃう打法」を受け継いでもらいたい。

なんにしても、
冬場の練習でハンデを背負いながら全国制覇。
北海道勢が優勝したことは賞賛されて然るべきだと思う。

◇◆◇

夏の風物詩・甲子園の高校野球。ブラスバンド部による応援は切り離せないものだ。山本リンダの「狙い撃ち」、ピンクレディーの「サウスポー」、「宇宙戦艦ヤマトのテーマ」等が馴染み深いのだが、ここに数年前から新たに加わった楽曲が存在する。センチメンタルバスの「Sunny day Sunday」だ。センチメンタルバスこの曲は1999年のスマッシュヒットナンバーで、当時ポカリスウェットのCFソングだったので「39度のとろけそうな日・・・」のフレーズは憶えてる人も多いのではないか。現役の高校生たちが小学校高学年・中学校1年くらいだったときの楽曲だ。興味深いのは、山本リンダやピンクレディーが社会現象にまでなったキャラクターだったのに対し、センチメンタルバスがこの曲以降、商業的にほとんど実績を残せなかったことだ。この曲でさえCD売上は50万枚ほどで99年の年間ランキング(この年のNo.1ヒットは「だんご3兄弟」)ではTOP40に入るかどうかなのでスマッシュヒットの域は出ない。実際、自分も、ブラバン応援で「アレ?これ誰の曲だっけ?」とアーティスト名・楽曲名を思い出せずGoogleのお世話になったくらいです。 「メンバーのひとりが婦女暴行で捕まったんだよね?」とかいう人間もいるのではないか?(それ、ヒス○リックブ○ー。センチメンタルバスは男女1名づつの2人組ですからっ!)
この曲の歌詞が夏の高校野球を連想させ、メロディーも優れていて、ブラスバンド用に編成(編曲)しやすいということは確かだろう。来年・再来年、5年後・10年後、高校生たちがセンチメンタルバスをリアルタイムで知らない世代に移行したとき、山本リンダやピンクレディーと同じように「39度のとろけそうな日・・・」がスタジアムに鳴り響いているのか・・・演奏されなくなる終点があるならそれはどこなのか・・・今後の高校野球、この点に注意して見守りたい。


posted by ゲーリー at 19:32 | 東京 🌁 | TrackBack(2) | スポーツ

2004年08月12日

【あしたのG 吉岡美穂は62kg?!】ゴルゴ松本が暴露!
_CM女王ハセキョウに迫れるか?相武紗季に注目_ 

7日25:15〜フジテレビ系「あしたのG」から


先週31日に引き続き北海道ロケの続編。
吉岡美穂、TIMのゴルゴとレッド、フジテレビ長野翼アナの4人で牧場巡り。
2週に渡っての放送だったが撮りは1日だったはず。
その日は泊まりだろうな。うらやましい。
ビックレットファームでコスモバルクと対面した4人。本命クラッシャー吉岡の餌食になったコスモバルクなワケで、
ゴルゴが吉岡に「バルクに謝れ!」と催促するも、
「なんでっ!あたし悪くないもんハート(はあと)」とプライドの高さを伺わせる吉岡。
(確かに吉岡のせいではない。彼女の言い分はもっとも。)
が、結局渋々ながらも謝っていた。そう。社会人になると理不尽と思いつつも頭を下げなきゃならないときがあるのだ。親の背中にひたむきさを感じる半分大人のセブンティーンズマップなのだ。そんなときはオザキを歌えっ! リスペクト。井上マー。
ワーワーいうてると、ここに、マイネル・コスモ軍団の岡田総帥が登場。
「バルクに乗ってみる?」と岡田総帥。
なにぃ〜!(オレの心の叫び)。うらやましい(本日2度目)。
一同「え〜っ!マジっすか?」。
するとTIMの二人に対して岡田総帥が「君らはダメだよ。お嬢さんだけ。」
「そーっすよね・・・。」とTIM。
少し間をおいて、岡田総帥が吉岡のカラダを見ながら、
「キミ、意外とコンパクトグラマー(なんじゃそりゃ)だね。」と一言。
「えっ・・・(吉岡困惑)。」

◇◆◇

岡田総帥はTIMの男ふたりに嫌がらせをしたワケでも、
吉岡に色目を使ったワケでもない。
バルクに重い重量で負担が掛かるのを恐れたのだ。
その空気を感じ取ったゴルゴが吉岡を指し、
「そのオンナ、体重62kgですよっ!」
吉岡は明確に否定しないが、62kgはリアリティーがない。が、吉岡は狼狽してるように見受けられたので、下一桁はあってるとみた。52kg。リアル。
服・アクセサリーがあるので54kg〜55kg。レース時とほぼ同じ負担。これ、セントライト記念で負けたら吉岡のせいだな。
結局、女性陣ふたりはバルクに乗せてもらうことに・・。

このときのバルクの背中に乗ったふたりのコメントが、
「北海道なのに北海道じゃないみたい〜!ハート(はあと)」(吉岡)
「天下とるぞー!ってかんじ」(長野アナ)

コメントだけをとると長野アナに分がある。だいたい吉岡のコメントはバルクとどう関連付けをすればいいのだ。個人的には長野アナのコメントのほうがバルクとリンクしやすい。しかし、吉岡のビジュアル・キャラクター・現在のポジション等を合わせると、このコメントが成立してしまう。
これは、山本サッカー五輪監督の言うところの「人間力」(8日21:00〜NHKスペシャルより引用)という理解でイイだろう。

◇◆◇

10日付・ZAKZAKより:ハセキョー女王“即位”CM露出量トップ、驚異的アップ
なのだそうだ。
競馬で例えたら、ハセキョウこと長谷川京子はG1で勝ち負けになるレベル。
それは疑う余地なし。
相武紗季1自分的には、CMだけなら相武紗季もイイとこ行くのでは?と思っていたのだが圏外だった。
写真が相武。ね、見たときアルっしょ。
「ミスタードーナツ」「ビオレさらさらシート」「旧バージョンのCCレモン」「旧バージョンの2Weekアクビュー」等、
CM出ずっぱりの感があるが世間的に名前には知られてないような気もする。実際、CM以外で見たことがない。(ドラマや映画に出てるらしいのだが。不勉強。)
競馬に例えるなら、1600万を勝ちあがってオープンに昇級したばかり・・・。
といったところか?
今後に注目の一頭、いや、ひとりであることは間違いない。

posted by ゲーリー at 14:04 | 東京 🌁 | TrackBack(1) | スポーツ

2004年08月04日

【祝!サッカー・アジアカップ決勝進出 日本vsバーレーン】スタジアムは落胆と怒り
_国民的英雄・長嶋茂雄をあのブーイングに晒すべきか_

3日18:45〜テレビ朝日
「サッカー・AFCアジアカップ中国2004 日本vsバーレーン」から


重慶から済南に場所を移した準決勝。しかし反日感情剥き出しの雰囲気はそのまま。
延長までもつれこんだゲームは4vs3で日本の勝利。
前半40分、ミスジャッジ(不可解ではある)で10人の闘いを強いられたので、あまり参考にはならないが、準々決勝のヨルダンといい、この日のバーレーンといい、
決して「ガチガチに引いて守り、カウンター1発」を狙うという弱者の闘い方ではなかった。
2試合通じて、フィジカル・戦術では分が悪いように感じたが、精神面は日本が圧倒していたのではないか。スポーツにおける精神論をバカにしてしまいがちだが、改めてその重要性を再認識した。この異様な雰囲気の数試合は、敵地オマーンでのWC予選を闘ううえで財産になったように思える。
五輪予選といい、アジアカップといい、素直にジーコ監督・山本五輪監督・選手・スタッフの精神力を賞賛したい。

◇◆◇

自分はウーロン茶やANAの長嶋親子のCM等で、勝手に中国に親近感を抱いていたのだが(あ、ロバートホールの北八先生・劇団ひとりや中川家のお兄ちゃんも貢献度大)、今回のアジアカップは中国の反日感情を日本人に知らしめるイイ機会だった。もし、アジアカップ以前の気持ちでバカ面さげて中国に旅行に行ったりしたらトラブルにまきこまれたかもしれない。多少なり危険があることを認識させてくれた。ANAは中国行きのチケットさえ売れればOK!という姿勢じゃなく、危険がある場合はアナウンスしてほしい。
韓国も反日感情があるが、韓国で行われる日韓戦で、国歌斉唱時にスタジアム全体を包むブーイングなど聞いたことがない。ゲーム中、日本にブーイングが浴びせられるのは当然でこれはしょうがない。仮に韓国でアジアカップが開催されても、自国(韓国)が関係ない日本戦で4万人を越す観衆がスタジアムにつめかけブーイングするようなことはないように思える。この差は絶望的だと感じる。
ちなみに韓国の人に、「Q.もし日本と中国が対戦したらどっちを応援する?」に対して圧倒的に「A.当然、日本」なのだそうだ。
ENJOY Koreaより。
今日の出来事 Part2 & STRIKE ZONEさんの記事を参考にさせていただきました。)

関連記事:アジアカップ1次リーグ・オマーン戦後のレビュー
関連記事:アジアカップ1次リーグ・タイ戦後のレビュー
決勝は中国。
上記の関連記事でも書いたが、宿舎・競技場の警備・セキュリティーは万全を期して欲しい。

◇◆◇

4年後には北京五輪が開催され、
アジア予選を勝ちぬけば、筑波大・平山、東京V・森本、磐田・カレン等がこのブーイングに晒される可能性があるわけだ。
今回、ボールゲームすなわち球技でアテネ五輪予選を勝ち抜けたのは「サッカー」「野球」のみ。国内プロリーグが存在するこの2種目。
野球も長嶋さんが病気から必ずや復活して、アテネで指揮できなかった無念を北京で晴らそうと考えるはずだ。
しかし、アジア予選を勝ち抜き北京に行けば、あのブーイングにミスターが晒されることになる。
「日本の国民的英雄が。」だ。
そんなミスターが、ANA・中国便のCMに出演してたのは皮肉なことである。
いいのだろうか?
ナニがドウというわけじゃないが、ふと、そんな風に思った。先のハナシだしね。

◇◆◇

4日12:00〜フジテレビ系「笑っていいとも」から


ザッピングしてたので見逃しただけかもしれないけど・・・。
今日の「いいとも」、
中国人美人講師を招いたコーナー「漢字で書いチャイナ」なかったよね?
なんか関連あんのかなあ?


posted by ゲーリー at 15:35 | 東京 ☁ | TrackBack(3) | スポーツ

2004年07月25日

【祝!サッカー・アジアカップ1次リーグ突破 日本vsタイ】
_スタジアムのブーイングとTBSの懐の深さについて_

24日21:15〜テレ朝系
「サッカーAFCアジアカップ中国2004 日本vsタイ」


前半はヒヤヒヤしたが結果的には4対1で勝利。
しかし、点差ほど楽な展開ではなかった。
トニー・ジャーが代表に召集されていたらと思うとゾっとするネ。

前回、2000年のアジアカップで、
1次リーグのvsサウジアラビア、vsウズベキスタンと大勝したイメージが、
いまだに記憶に残っていて、最近の対アジア勢との闘いを観てると「日本って弱くなったん?」と思ってしまいがちだが、
当時はガチガチに引いて守られることもなんてなかったもんなあ・・・。
1つ上のステージに上がった闘いを強いられている。ということだろう。
これからもドキドキの展開は続く。

先日、スタジアムのブーイングについて「反日感情でしょ」と書いたが、
この日も、50%は入っているであろう観客のほとんどはタイに声援。
わざわざ、スタジアムに足を運びブーイングするのだから相当な嫌われようだ。
試合後のインタビューで、
ジーコ監督や中村俊輔が観客について少し触れていたのが印象に残った。
不測の事態に備え、
宿舎や競技場の周辺は、自前の警備・セキュリティーで万全を期して欲しい。
↓こういう動きもあることだし。
日本戦のTV中継中止に…中国(スポニチ記事より)

こういったスポーツイベントが標的になるのは悲しい。
ミュンヘンオリンピックの悲劇を繰り返してほしくない。
危機管理の意識は大事だ。

とりあえず「祝・1次リーグ突破!」

関連記事:アジアカップ準決勝・バーレーン戦後のレビュー


◇◆◇

25日0:00〜TBS系「スーパーサッカー」


ウラ番組のフジ系列27時間テレビで、
100キロマラソンに挑戦中の極楽とんぼ・加藤浩次が、
TBS「スーパーサッカー」の生放送に司会として登場。
番組終了時に、この後また続きを走らなきゃならない状況から「帰りたいなあ。」とボヤく加藤。疲労感アリアリ。
スーパーサッカーの冒頭と最後で、
フジ27時間テレビの救助犬・バリーにカメラをむけてくれた、
TBSの懐の深さに感服。
posted by ゲーリー at 12:24 | 東京 🌁 | TrackBack(1) | スポーツ

2004年07月11日

【スポーツうるぐす「夢の球宴・夢の共演」 柴田アナ・松坂投手】
_外堀は埋まったか?!_

10日24:10〜日テレ系「スポーツうるぐす」から

ちなみに、この番組タイトル「うるぐす」は、司会を勤める江川卓のスグルの
ローマ字読み「SUGURU」をひっくり返し「URUGUS」→「うるぐす」がネーミングの由来。
以上、まったく役に立たない知識でした。

さて、この日は、現在の形態ではおそらく最後になるであろう、
プロ野球オールスターゲーム第1戦。
「うるぐす」は、試合の行われた名古屋に柴田倫世アナを派遣。
名古屋のスタジオと東京のスタジオを中継で結びゲームを振り返っていたのだが、
なんと、ゲストは西武・松坂大輔投手と近鉄・岩隈久志投手。
まだ柴田アナと松坂って別れてないっすよね。ラブラブ共演だ。
松坂・岩隈23歳コンビに柴田アナ。
東京スタジオ・江川の「きょうは、歳の近い同士ですね。」に、
「あたしだけ、少し上なんですけど・・・」と柴田アナ。気にしてる風がカワイクて好感度↑。

この日、松坂はMVPを獲得したのだが、
番組欄にすでに名前が記されていたので、結果に関わらず出演が決まっていたようだ。
で、そこにラルフ鈴木アナじゃなく柴田アナをわざわざ送りこんだところが興味深い。
日テレ上層部には何らかの報告があったとみた。
結婚の日取りか、破局か。おそらく前者。

7日24:09〜テレ東系「やりにげコージー」で、
今田耕司が、その日のゲスト、ロンブー淳に
「オマエ、自分の番組に関係を持った女をゲストによく呼んでるやん。
 やりにくくないん?」
と、訊いていたが、柴田アナはどうだったんだろう?
ちなみに淳は「全然、問題ないっすね。」とのこと。

岩隈近鉄・岩隈といえば、堀越高卒で同級生に安達祐実と佐藤江梨子がいるわけだが、そんなイケメンの呼び声の高い岩隈に対する松坂の評価は「落ち着いた野球をする。」
それを受けた岩隈が「ぼくの場合は結婚してるから・・・」と。
ひゃ〜!スリリング。
「言うぅ〜?!」(出典:インスタントジョンソン)
このふたりを前にして。言っちゃった。
岩隈に他意はなく、きっとカレは素直な好青年だろう。
その無邪気さが時にまわりを凍らせることを収録後、思い知らされたかもしれない。
松坂に「岩隈〜。頼むよ〜。」みたいなことを言われて。

だが柴田アナ、このときも、
「岩隈投手は、毎日お子さんの写真をケータイで送ってもらってるんですよね。」
と動じない。さすが姉さん女房。肝が据わってる。

一般人だったら、出張で名古屋に行って、
そこに恋人がいたら「仕事のあと、メシいくか。」
ってなことになるんだが、
テレビ共演後ではパパラッチが張りついてるだろうし、その点は気の毒だ。

この日のオールスターにおける松坂の投球は素晴らしく、
巨人・高橋由伸を空振り三振に打ち取ったボールは自己最速156kmを計測した。
そのシーンを柴田アナは、VTRで紹介していたのだが、
「では今のシーン、見逃した方に、もう一度。」
と再度同じシーンをリプレイ。
その瞬間、高橋(由)と噂されてる、
日テレの後輩・小野寺麻衣アナが地団駄を踏んだであろうと想像。
柴田アナもナニゲに無邪気。

「柴田せんぱ〜い。もうヒドイ!」
「小野寺ごめ〜ん。」
みたいな内容が「日テレ給湯室・特別編」でオンエアー予定。なわけない。


追記。
10日25:05〜日テレ系「カミングダウト」より
安田美沙子・華原朋美・千原兄弟が出演。
安田の出題で「安田美沙子と安田大サーカスの団長は親戚である。」
もしや?と思ったが結果はダウト。そりゃそーだよな。
スタジオに安田大サーカスもいたのだが、
「芸風は好まない」とコメント。
安田美沙子には双子の弟がいて、
「姉はいまでこそキャーキャー言われているが、小さい頃はブサイクで、
 そのころの写真を見ると、胸が痛む。」
と告発。写真が2枚公開されたが、確かにブサイク。
ブサイクな小さい娘を持つ親御さん。
希望を捨てちゃダメっすよ!!


posted by ゲーリー at 04:52 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月27日

【2004.6.27 ヤクルトvs巨人】
_空席が目立つスタジアムから黒柳徹子の気持ちをおもんばかる_

27日19:00〜フジ系「プロ野球 ヤクルトvs巨人」から

二岡
(写真はジャイアンツ・二岡智宏内野手)

きょうは日曜日。
本日、ヤクルトvs巨人が行われている東京地方(神宮球場)は、
梅雨真っ只中ではあるが、雨は落ちておらず、
若干のジメジメ感を除けば野球観戦にはうってつけの日である。

しかし、だ。
この日の神宮球場、空席が目立つ。日曜の巨人戦なのに。
80%程度の入りに見受けられる。
去年・今年と、巨人戦で、こういった状況をよく目にする。
4・5年前までは、巨人戦といえばプラチナチケットで、
なかなか手に入れることが出来ず、
自分が「野球観に行こうよ」と声を掛ける時は、
必然的にヤクルト戦(vs巨人以外)か
日本ハム主催試合のことだった。

集客できなくなった原因はイロイロあるのだろう。
金にモノいわせて、よその球団から4番ばっか集めたからだとか、
去年、原さんを辞任に追いやったみたくオーナーが口出しすぎだとか、
でも、そんなこと、どうでもいい。

将来、
「昔は巨人って人気あったんだぞ。
 ほんとチケットなんて取れなかったんだから。」
って懐古的に話すまでにプロ野球が凋落し、
「マジっすか!? xxさん、そんな時代、知ってるんスか!」
「すっげー! 沢村とか村山とかの時代っすよね!」
みたいなことを、
マジ顔で下の世代のヤツに言われる日がくるのではないだろうか。
ちげーよ! バーカ。そのふたり時空が離れすぎなんだよ!
しかも村山、阪神だし!
「へぇ、そうなんすか」
と、興味のなさそうな相槌。
そして、「それって、戦前スか?」と、
「世界・ふしぎ発見!」における黒柳徹子的な扱い。

基本的な野球の知識を持たないのが、あたりまえの世の中。
そんな日が来たらイヤだ。
そんな日が来たら寂しい。
鉄拳の言いまわしみたくなったが気にせんとください。

近鉄・オリックスに続き、さらなる球団合併ひいては、
1リーグ化が噂されている。
時代とともに組織や規約(ルール)は変わっていく。
オーディエンスの趣味・趣向も変わっていく。
有能な野球選手はより高みを目指し、メジャーの門をたたく。
プロ野球が時代に置いていかれないと断言することはできないだろう。

年に1回なのに、
NHK紅白歌合戦は最盛期から30%も視聴率が落ちこんでいる。
当時は、そんな日がくることなど思いもしなかったはずだ。

今、プロ野球は年に一度どころか毎日あたりまえのように氾濫してる。
こんな対比、意味を持たないが、要は絶対なんてナイということだ。

将来においても、
プロ野球は全世代(特に男同士)で共通項として通じ合える、
そんなコンテンツであってほしい。

最近の巨人戦のスタンドを見て、
そんな事を思うのであった。


posted by ゲーリー at 22:55 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月25日

【宝塚記念 好調予想陣にあやかりたい】先週、馬単4万・3連複6万馬券をゲット

7・2スタート金曜22:00〜TBS系「世界の中心で、愛をさけぶ」より

「小説」→「映画化」→「TVドラマ化」の図式を適用し
TBSが次クールに投入する、
「世界の中心で、愛をさけぶ」なワケだが、大丈夫か?
もう、みんなお腹いっぱいでしょ。
2度あることは3度? そんなにドジョウっているもんッスかね?
だったら今週の宝塚記念は、
皐月賞のダイワメジャー、
天皇賞のイングランディーレ、
オークスのダイワエルシエーロ
に続く、人気薄の逃げ馬台頭でもオカシクないよね。

そう、今週末は上半期G1のフィナーレを飾る、宝塚記念。

先週日曜、
本紙に予想を提供してくれている、客席予想陣・O氏より
福島6Rで
馬単42340円、3連複67640円的中!
との知らせが入り、
森山未來くんの朔太郎ばりに
「おごってくださあーい」(たすけてください)と叫んだオレです。
ツイてる人間に乗れっ!ってことで、
客席予想陣・O氏の成瀬馬券注意報改め
成瀬馬券警報もお楽しみに。

そこで
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  宝┃塚┃記┃念┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」宝塚記念増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう
(でも、それだと少し寂しい。。)ご注意ください。
買い目によっては、100円が14万円に!(26日10:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。


★☆本紙の見解☆★
◎ Cローエングリン
   果敢にこの逃げ馬で勝負! 枠順、小回りコースに希望を託す。
   もうひとつ勝ちきれない馬だが、
   上半期G1で散々見てきた逃げ馬逃亡劇の再現に期待。
○ Bゼンノロブロイ
   安定感はピカイチ。ただし、この馬も勝ちきれない。
   しかし宝塚記念は悲願のG1初制覇が繰り返されてきた。
   戴冠があっても不思議ではない。
▲ Dザッツザプレンチィー
   宝塚記念は菊花賞馬が強い。
   長距離をこなし直線長くイイ脚を使う。
   デムーロとの初コンビも魅力。
△ Aトレジャー
   東風ステークスの万馬券でお世話になったんです。
   能力的には疑問も残る(足りない)のを承知で狙ってみたい。
△ @シルクフェイマス
   前走・天皇賞3着でG1でも勝負できることを証明。
   1枠で経済コースを好位追走。押さえておきたい。
△ Nタップダンスシチー
   大外がどう影響するか。去年の宝塚記念も8枠で3着。
   不思議と人気にならない馬だが、今回は1番人気か?
注 Fダイタクバートラム
   昨年天皇賞(春)で一番人気で3着した実力馬。
   3頭出し(橋口厩舎)は人気薄から。の格言に従い注意印。

 (1)『展開は?』 
 今回はCローエンに突っかかる馬はいないだろう。
 2、3番手に@フェイマスとNタップが
 好位追走し平均ペースになると予想。
 短い直線で差し馬が届くかどうかが焦点。
 本紙は後方イッキの
 LツルマルボーイGリンカーンは届かないと判断。
 Lツルマルは2年連続2着、先日の安田記念制覇と有力ではあるが、
 2週前がピークで劇走の反動があると推察する。

 (2)『馬券的妙味は?』
 平均ペースで逃げた馬の逃げ残りに妙味アリ!とみる。
 「短い直線」と「テンでやりあう馬が不在」のため
 脚を温存した先行馬に人気・有力差し馬が届かない。
 本紙は@シルクフェイマスを指名。
 そこで上記の本紙印からピックアップ。
 ※オッズは26日10:00現在
 ・気の早い3連単予想、    C→A→@   発売なし
 ・オッズ重視3連複予想、   @⇔A⇔C   604.2倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、 B⇔N     3.6倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 サッカー欧州選手権EURO2004開催中。
 欧州(おフランス帰り)経験馬の
  Cローエングリン
 サッカー繋がりで母の父がサッカーボーイの
  Lツルマルボーイ
 の2頭。※オッズは26日10:00現在
 ・馬連 C⇔L    57.6倍  
 ・馬単 C→L    85.7倍 
 ・馬単 L→C   125.7倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券警報』☆★
◎ Dザッツザプレンティ
   去年のヒシミラクルと同様、菊花賞馬が勝ちます。
○ @シルクフェイマス
   力が無いと条件戦とはいえ5連勝はできません。
▲ Nタップダンスシチー
   実績からいえばbPでしょう。
注 Bゼンノロブロイ
   天皇賞では本命としたが、
   今回の乗替りは今一わかりませんので評価を下げます。
△ Hチャクラ
   去年のヒシミラクル同様、ステイヤーが健闘します。
△ Fダイタクバートラム
   小牧太騎手の先週のJRA所属重賞初勝利の勢いを買って。


「助けてくださあーい」

posted by ゲーリー at 19:44 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月22日

【EURO2004 「あたりまえ」の発見】地上波放送予定試合から思いを馳せる。

TBS系「UEFA EURO 2004 サッカー欧州選手権」から
(写真はポルトガル代表 ルイ・コスタ)
ルイ・コスタ

スペイン代表は、イベリア半島ダービー?で
ポルトガル代表に敗れて予選敗退。
その昔、17・18世紀に世界の覇権争いをしていたスペインは、
近代・現代において、その争いから脱落したことから、
自虐性の強いお国柄になってしまったそうだ。
「どうせ、スペインはダメだよ。」と、
スペイン人自身が斜に構えてしまっているそうだ。
自虐的な考え方をする国民として、
西洋ではスペイン人、東洋では日本人
が挙げられるとナニかで読んだことがある。
うーん。当たってる?
今回の予選敗退についても、スペインの人々は、
「スペインはワールドカップでも、
 銀河軍団を擁したチャンピオンズリーグでもダメだったんだし、
 EUROでもダメだと思ってたサ。」
と自らに言い聞かせているのであろうか。
小ネタを挿みつつ本題へ。

それにしてもだ。
TBSは、EURO2004における
地上波の放映権を独占する契約を結んでいるのであろう。
他のNHK・民放地上波は放送予定なしだし。
毎日・全試合放映することは、
海外サッカーをコンテンツとして売っている
WOWOWやスカパー等を圧迫する。
今回のようなイベントしか放送しないのに
地上波がオイシイとこ獲りするのは仁義に反する。
という理屈。
それは理解できる。しかし。。。
グループリーグで、
「イングランド代表vsスイス代表」
「イタリア代表vsデンマーク代表」を
放送するのであれば、
「ポルトガル代表vsスペイン代表」だろ。
「オランダ代表vsドイツ代表」だろ。
ベッカム様〜!ってか? 
イタリア・イケ面軍団ってか?
(いつもここから風)
深夜・未明にチャンネル合わせてサッカー観るユーザーは、
ベッカム・イケ面目当てが多数派じゃないだろうよ。
イングランド・イタリアともに観たいチームではあるが、
相手があって初めてゲームが成立する。
少なくとも前者より後者のほうが魅力的な組み合わせだと思う。
あくまでも私見だが。

きっと、
純粋にサッカーを観たい人(自分がそうだとは言わないが)は
金を払え。
ということなのであろう。

15年程前はテレビ番組を金を払って観るという概念はなかった。
自分には今でもない。(NHK受信料は別ね)
水や緑茶を買って飲むという概念もなかった。

あたりまえにある物・あたりまえの事が、
価値を見出され・価値を付加され、マーケット化される。
きっと今でも、「あたりまえ」は身近に転がっている。

追伸。
とりあえず、30年前の「赤い衝撃」深夜再放送は
EUROが終わってからでも放送できるでしょ。
名作だけどさあ。


posted by ゲーリー at 22:26 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月05日

【好調!G1予想】今週は安田記念

土曜深夜25:15〜フジ系「あしたのG」より

既報(日本ダービー(東京優駿))のとおり
吉岡美穂の予想が外れまくっている。
吉岡
しかも「本命クラッシャー」と呼ばれ人気馬を指名しても当たらない。
むしろ人気馬を妨害してるかのようだ。
29日放送では、
「あたしのせいじゃないもん(ウルウル)」
と言っていたが、
自分の馬券購入に際しては、彼女の予想が頭をよぎり、
どうしても買い目を考えてしまう。
「♪かあさん、お肩が凝ってるの?
 プチ・プチ・プチ・プチ、プチシルマー」
のCMは、何故、研ナオコ&林家ペーなのか?
なぜ、パーコ&ペーじゃないのか?
と考えてしまうのと同じ位、考えてしまう。。。
今週も彼女の予想は要チェック! です。

さて、春のGTシリーズ、
今週は春のマイル王決定戦・安田記念。
前回「日本ダービー特集号」で見事!本誌予想、
△◎○で3連複34.6倍
△◎で馬連24.9倍
を的中です。
今週もハッスル・ハッスル!

そこで、
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  安┃田┃記┃念┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」安田記念増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本誌は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)ご注意ください。
買い目によっては、100円が76万円に!(現時点)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。


★☆本誌の見解☆★
◎ Hテレノグシス
   前走5ヶ月休養明けの京王SCで2着。叩き2戦目。
   東京の長い直線。現在3番人気7.4倍はオイシイのでは?
○ Iメイショウボーラー
   単純比較だがDウィンが東京新聞杯を54kgで1.33.0。
   IボーラーはNHKマイル57kgで1.33.6。
   今回54kgならこっちで勝負だ!
▲ @ファインモーション
   着外は馬場が渋ったときのみ。週末の天気が敵か?
   現役牝馬最強・武豊とあっては久々でも下手な走りはできまい。
△ Gイーグルカフェ
   G1馬。終わった。。。との見方もあるが、厩舎が
   ここまで引っ張るのは「まだやれる」との思いもあるのでは?
△ Qセルフフリット
   アラン師の引退レース。引退旅行で来日したのではあるまい。
   実績的には苦しそうだが。。。押さえておきたい。
△ Fローエングリン
   今週から移動サクを外してグリーンベルトが出現。
   馬場のいい所を走れる先行馬有利との巷の声。
注 Lメジロマイヤー
   オープン勝ちしたばかりの上がり馬。勢いを買い。
   水曜、一杯に追われ、最後の1Fを11.0のスピードは優秀。

(1)『展開は?』 
グリーンベルト出現により先行馬が先を急ぐ。Fローエンにスピードでは勝負できそうなLメジロが突っかかりテンを奪い合うような展開になると、差し馬勢が台頭する。
が、昨秋天皇賞で当時Fローエンに騎乗していた後藤が吉田豊と
ヤリあい、つぶれたのをツルマルボーイ(2着)から見ていた横山典が同じ轍を踏むとは考えづらい。
Lメジロを壁にして折り合うと予想。その後ろにIボーラーが好位追走。良馬場なら差し馬だが渋れば馬場のイイ所を進む先行馬も面白い。

(2)『馬券的妙味は?』
馬場が雨で渋った場合、先行馬がグリーンベルトの恩恵をうけ
差し馬不発。。。
で人気薄の先行馬に馬券的な妙味アリ!とみる。
本誌はLメジロマイヤーを指名。
人気薄だけに武幸四郎も思いきった騎乗ができるはず。
昨年NHKマイルを制しているも不気味。。。
そこで上記の本誌印からピックアップ。※オッズは本日今現在
・気の早い3連単予想、    @→H→I   発売なし
・オッズ重視3連複予想、   G⇔H⇔L   3781.1倍 
・そりゃ当たるでしょワイド予想、 @⇔F      7.4倍 

(3)『今週のオカルト馬券』
今週、サッカーのイングランド遠征で、
アイスランド・イングランドと好勝負。
ランド繋がりで。
 Eアイランドファッション
サッカー繋がりで母の父がサッカーボーイの
 Mツルマルボーイ
の2頭。※オッズは本日今現在
・馬連 E⇔M    93.0倍  
・馬単 E→M   185.6倍 
・馬単 M→E   159.8倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Hテレノグシス
   単純に府中ならトニービン!
○ Oバランスオブゲーム
   府中で見た毎日王冠のレコード勝ちの印象が鮮烈!
▲ Dウィンラディウス
   GIでは珍しくSS産駒はこの馬だけ。人気でも買いでしょう。
注 Gイーグルカフェ
   いつ走るか判らない、だから今回走るかも?
△ Jジョウテンブレーブ
   最近中央のGTでもお馴染み大井の内田博。きっとあの
   豪腕風車ムチで馬券圏内にもってきます。
△ Qセルフフリット
   アラン調教師引退のご祝儀


「♪とうさん、おクビが〜回らない。。。」

posted by ゲーリー at 18:39 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ