2004年08月24日

【残念っ! 「アテネオリンピック・野球」準決勝敗退】日本野球崩壊の序章?!
_サッカー・ワールドカップ・アジア一次予選は大丈夫なの?_

24日17:30〜NHK総合・教育「アテネ五輪 日本vsオーストラリア」から


負けちゃいましたね・・・。
でも、選手達はよく頑張った。
プロだから「頑張った」じゃダメなんだ!とか言われそうだけど、
なんかそんな気分じゃないなあ。

技術的なことや戦術はスポーツ紙や専門誌が分析してくれるだろうが、明らかに通常の精神状態つまり平常心ではなかったことが、画面ごしに伝わってきて気の毒なくらいだった。9回ウラ先頭バッター城島。カウント1−2からセーフティーバンド(えっ?)。失敗。例えば、日本シリーズ3勝3敗で同じ局面でも、セーフティーバンドは選択しなかったろう。解説の星野氏が「弱気ととられても・・・」(執念ととることもできるが・・と付け加えてた)と言っていたが、これひとつとっても通常とは違う精神状態だったことが伺える。阪神在籍のウィリアムスが出てきたら厄介だ。早いとこ、この先発ピッチャーを捕まえなきゃ。回を追うごとに焦る攻撃陣。一昔前、絶頂期の佐々木を擁する横浜と対戦しているときの巨人みたいだった。

今回、オールプロで臨んだアテネオリンピック野球だったが、準決勝どまり。
アメリカは参加してない。ショックは大きい。
オールプロだがオールスターではなかった。ドリームチームじゃなかったと評するマスコミもあるかと思う。1球団2名の足かせをつけて最適な人選ができなかった。それができれば結果は違ったはず・・・と。しかし、オリンピック期間中、シーズンを中断することができなかった体制も含めて、それが日本の野球の実力。という見方で間違いないだろう。世界的にみればマイナースポーツの野球。次回の北京が最後の可能性もある。4年後、この状況は変わるのか?

日本球界の現状に目をやれば、球団減で新規参入拒否。合併は結構だが新規参入を認めないのは納得いかない。1リーグありきで力任せのオーナー企業の姿勢がイヤになる。企業スポーツの限界だな。欧州サッカーにしてもメジャーリーグにしても企業名がチーム名になることはない。オーナー企業は変わってもロサンゼルス・ドジャースはロサンゼルス・ドジャースであることに変わりない。ロシア人がオーナーになってもチェルシーはチェルシーだ。隣の芝は青く見えるのか。羨ましい。暗い気持ちになる。オリンピックの結果が追い討ちとなり一層暗い影をおとす。

◇◆◇

サッカーは、どうなのだろう?

オリンピック初日に、サッカーはケチがついた(いいがかり?)と思っているのだが、あれ以来、女子は連敗。男子も1次リーグ敗退が決まった最終戦まで勝つことが出来ず散々だったワケで、ワールドカップ一次予選が気になってるワケです。オリンピック代表とフル代表は違う?重々承知してますが、連鎖反応って怖いじゃないっすか。
野球でさえ格下相手に負けるのだ。インド代表、(特に)オマーン代表(は、かなり)だって侮れない。
反面教師が存在する。プロ野球の体制だ。Jリーグは代表スケジュールとすり合わせて強化に臨んで欲しい。暑さ対策もある。合宿も必要だろう。野球をみて判るように真剣勝負の国際試合に際しては国内リーグの協力が不可欠だ。

野球にくわえて、サッカーまでアジア予選で敗退したら目もあてられないよ。


posted by ゲーリー at 23:06 | 東京 ☁ | TrackBack(1) | スポーツ

2004年08月23日

【高校野球 祝!駒大苫小牧】プロ野球フランチャイズ1年目に高校野球で快挙
_ブラスバンド応援「Sunny day Sunday」は世代を超え定着するか?_

アテネオリンピックで一言。
昨夜の女子マラソン。競技場に戻ってからは、往年のドリフのコントみたいだった。
「野口ぃー!後ろ。後ろ!」
祝! 野口みずき。オリンピック女子マラソン・日本勢連覇。

◇◆◇

22日13:00〜NHK総合「高校野球 決勝」から


高校野球に「toto」があったら、高配当ではなかったか?
おそらくノーマークであろう駒大苫小牧が打ち合いを制し初優勝。深紅の優勝旗をはじめて北海道の地に持ち帰えることに。
苫小牧といえば、フジテレビ系「はねるのトビら」栞(しおり)の「ありえな〜い。にやにゃにゃにゃ〜い。とまこま〜い。」くらいしか馴染みのないオレなのだが、最終回に2アウトながら対戦相手・済美の4番、プロ注目の鵜久森に打順が回ったときにはシビれた。苫小牧の近隣、室蘭に縁(ゆかり)のある知り合いがいるのだが、このときばかりはカレも同時間帯にあった中央競馬・札幌記念(GU)の結果よりも、こちらのほうが気になったのではないか。余談だが、JRA夏競馬のCMで、さんま師匠が黒い全身タイツを着てVサインの気ぐるみを被っていることから、「2枠(黒枠)で2番(Vサイン)」だな・・・フフフ・・・と勝手に決めつけ撃沈したおバカさんは、ほかでもない自分であります。

駒大苫小牧の快進撃は決勝を含め乱打戦を制したもので、バッティングセンスに秀でた選手達(ホームランも打ってたし)でチームが構成されたことも快挙に至る一因だったのであろう。彼らの中にプロ志向の選手もいるのだろうか。だったら日本ハム・ファイターズは将来性を見極め、是が非でも獲得すべきだ。ダイエー・ホークスが地元の選手を積極的に獲得しパ・リーグNo.1の観客を動員してるのは、いいモデルではないか? で、新庄のもとに弟子入りして「ぼくチン、ヒーローになっちゃう打法」を受け継いでもらいたい。

なんにしても、
冬場の練習でハンデを背負いながら全国制覇。
北海道勢が優勝したことは賞賛されて然るべきだと思う。

◇◆◇

夏の風物詩・甲子園の高校野球。ブラスバンド部による応援は切り離せないものだ。山本リンダの「狙い撃ち」、ピンクレディーの「サウスポー」、「宇宙戦艦ヤマトのテーマ」等が馴染み深いのだが、ここに数年前から新たに加わった楽曲が存在する。センチメンタルバスの「Sunny day Sunday」だ。センチメンタルバスこの曲は1999年のスマッシュヒットナンバーで、当時ポカリスウェットのCFソングだったので「39度のとろけそうな日・・・」のフレーズは憶えてる人も多いのではないか。現役の高校生たちが小学校高学年・中学校1年くらいだったときの楽曲だ。興味深いのは、山本リンダやピンクレディーが社会現象にまでなったキャラクターだったのに対し、センチメンタルバスがこの曲以降、商業的にほとんど実績を残せなかったことだ。この曲でさえCD売上は50万枚ほどで99年の年間ランキング(この年のNo.1ヒットは「だんご3兄弟」)ではTOP40に入るかどうかなのでスマッシュヒットの域は出ない。実際、自分も、ブラバン応援で「アレ?これ誰の曲だっけ?」とアーティスト名・楽曲名を思い出せずGoogleのお世話になったくらいです。 「メンバーのひとりが婦女暴行で捕まったんだよね?」とかいう人間もいるのではないか?(それ、ヒス○リックブ○ー。センチメンタルバスは男女1名づつの2人組ですからっ!)
この曲の歌詞が夏の高校野球を連想させ、メロディーも優れていて、ブラスバンド用に編成(編曲)しやすいということは確かだろう。来年・再来年、5年後・10年後、高校生たちがセンチメンタルバスをリアルタイムで知らない世代に移行したとき、山本リンダやピンクレディーと同じように「39度のとろけそうな日・・・」がスタジアムに鳴り響いているのか・・・演奏されなくなる終点があるならそれはどこなのか・・・今後の高校野球、この点に注意して見守りたい。


posted by ゲーリー at 19:32 | 東京 🌁 | TrackBack(2) | スポーツ

2004年08月12日

【あしたのG 吉岡美穂は62kg?!】ゴルゴ松本が暴露!
_CM女王ハセキョウに迫れるか?相武紗季に注目_ 

7日25:15〜フジテレビ系「あしたのG」から


先週31日に引き続き北海道ロケの続編。
吉岡美穂、TIMのゴルゴとレッド、フジテレビ長野翼アナの4人で牧場巡り。
2週に渡っての放送だったが撮りは1日だったはず。
その日は泊まりだろうな。うらやましい。
ビックレットファームでコスモバルクと対面した4人。本命クラッシャー吉岡の餌食になったコスモバルクなワケで、
ゴルゴが吉岡に「バルクに謝れ!」と催促するも、
「なんでっ!あたし悪くないもんハート(はあと)」とプライドの高さを伺わせる吉岡。
(確かに吉岡のせいではない。彼女の言い分はもっとも。)
が、結局渋々ながらも謝っていた。そう。社会人になると理不尽と思いつつも頭を下げなきゃならないときがあるのだ。親の背中にひたむきさを感じる半分大人のセブンティーンズマップなのだ。そんなときはオザキを歌えっ! リスペクト。井上マー。
ワーワーいうてると、ここに、マイネル・コスモ軍団の岡田総帥が登場。
「バルクに乗ってみる?」と岡田総帥。
なにぃ〜!(オレの心の叫び)。うらやましい(本日2度目)。
一同「え〜っ!マジっすか?」。
するとTIMの二人に対して岡田総帥が「君らはダメだよ。お嬢さんだけ。」
「そーっすよね・・・。」とTIM。
少し間をおいて、岡田総帥が吉岡のカラダを見ながら、
「キミ、意外とコンパクトグラマー(なんじゃそりゃ)だね。」と一言。
「えっ・・・(吉岡困惑)。」

◇◆◇

岡田総帥はTIMの男ふたりに嫌がらせをしたワケでも、
吉岡に色目を使ったワケでもない。
バルクに重い重量で負担が掛かるのを恐れたのだ。
その空気を感じ取ったゴルゴが吉岡を指し、
「そのオンナ、体重62kgですよっ!」
吉岡は明確に否定しないが、62kgはリアリティーがない。が、吉岡は狼狽してるように見受けられたので、下一桁はあってるとみた。52kg。リアル。
服・アクセサリーがあるので54kg〜55kg。レース時とほぼ同じ負担。これ、セントライト記念で負けたら吉岡のせいだな。
結局、女性陣ふたりはバルクに乗せてもらうことに・・。

このときのバルクの背中に乗ったふたりのコメントが、
「北海道なのに北海道じゃないみたい〜!ハート(はあと)」(吉岡)
「天下とるぞー!ってかんじ」(長野アナ)

コメントだけをとると長野アナに分がある。だいたい吉岡のコメントはバルクとどう関連付けをすればいいのだ。個人的には長野アナのコメントのほうがバルクとリンクしやすい。しかし、吉岡のビジュアル・キャラクター・現在のポジション等を合わせると、このコメントが成立してしまう。
これは、山本サッカー五輪監督の言うところの「人間力」(8日21:00〜NHKスペシャルより引用)という理解でイイだろう。

◇◆◇

10日付・ZAKZAKより:ハセキョー女王“即位”CM露出量トップ、驚異的アップ
なのだそうだ。
競馬で例えたら、ハセキョウこと長谷川京子はG1で勝ち負けになるレベル。
それは疑う余地なし。
相武紗季1自分的には、CMだけなら相武紗季もイイとこ行くのでは?と思っていたのだが圏外だった。
写真が相武。ね、見たときアルっしょ。
「ミスタードーナツ」「ビオレさらさらシート」「旧バージョンのCCレモン」「旧バージョンの2Weekアクビュー」等、
CM出ずっぱりの感があるが世間的に名前には知られてないような気もする。実際、CM以外で見たことがない。(ドラマや映画に出てるらしいのだが。不勉強。)
競馬に例えるなら、1600万を勝ちあがってオープンに昇級したばかり・・・。
といったところか?
今後に注目の一頭、いや、ひとりであることは間違いない。

posted by ゲーリー at 14:04 | 東京 🌁 | TrackBack(1) | スポーツ

2004年08月04日

【祝!サッカー・アジアカップ決勝進出 日本vsバーレーン】スタジアムは落胆と怒り
_国民的英雄・長嶋茂雄をあのブーイングに晒すべきか_

3日18:45〜テレビ朝日
「サッカー・AFCアジアカップ中国2004 日本vsバーレーン」から


重慶から済南に場所を移した準決勝。しかし反日感情剥き出しの雰囲気はそのまま。
延長までもつれこんだゲームは4vs3で日本の勝利。
前半40分、ミスジャッジ(不可解ではある)で10人の闘いを強いられたので、あまり参考にはならないが、準々決勝のヨルダンといい、この日のバーレーンといい、
決して「ガチガチに引いて守り、カウンター1発」を狙うという弱者の闘い方ではなかった。
2試合通じて、フィジカル・戦術では分が悪いように感じたが、精神面は日本が圧倒していたのではないか。スポーツにおける精神論をバカにしてしまいがちだが、改めてその重要性を再認識した。この異様な雰囲気の数試合は、敵地オマーンでのWC予選を闘ううえで財産になったように思える。
五輪予選といい、アジアカップといい、素直にジーコ監督・山本五輪監督・選手・スタッフの精神力を賞賛したい。

◇◆◇

自分はウーロン茶やANAの長嶋親子のCM等で、勝手に中国に親近感を抱いていたのだが(あ、ロバートホールの北八先生・劇団ひとりや中川家のお兄ちゃんも貢献度大)、今回のアジアカップは中国の反日感情を日本人に知らしめるイイ機会だった。もし、アジアカップ以前の気持ちでバカ面さげて中国に旅行に行ったりしたらトラブルにまきこまれたかもしれない。多少なり危険があることを認識させてくれた。ANAは中国行きのチケットさえ売れればOK!という姿勢じゃなく、危険がある場合はアナウンスしてほしい。
韓国も反日感情があるが、韓国で行われる日韓戦で、国歌斉唱時にスタジアム全体を包むブーイングなど聞いたことがない。ゲーム中、日本にブーイングが浴びせられるのは当然でこれはしょうがない。仮に韓国でアジアカップが開催されても、自国(韓国)が関係ない日本戦で4万人を越す観衆がスタジアムにつめかけブーイングするようなことはないように思える。この差は絶望的だと感じる。
ちなみに韓国の人に、「Q.もし日本と中国が対戦したらどっちを応援する?」に対して圧倒的に「A.当然、日本」なのだそうだ。
ENJOY Koreaより。
今日の出来事 Part2 & STRIKE ZONEさんの記事を参考にさせていただきました。)

関連記事:アジアカップ1次リーグ・オマーン戦後のレビュー
関連記事:アジアカップ1次リーグ・タイ戦後のレビュー
決勝は中国。
上記の関連記事でも書いたが、宿舎・競技場の警備・セキュリティーは万全を期して欲しい。

◇◆◇

4年後には北京五輪が開催され、
アジア予選を勝ちぬけば、筑波大・平山、東京V・森本、磐田・カレン等がこのブーイングに晒される可能性があるわけだ。
今回、ボールゲームすなわち球技でアテネ五輪予選を勝ち抜けたのは「サッカー」「野球」のみ。国内プロリーグが存在するこの2種目。
野球も長嶋さんが病気から必ずや復活して、アテネで指揮できなかった無念を北京で晴らそうと考えるはずだ。
しかし、アジア予選を勝ち抜き北京に行けば、あのブーイングにミスターが晒されることになる。
「日本の国民的英雄が。」だ。
そんなミスターが、ANA・中国便のCMに出演してたのは皮肉なことである。
いいのだろうか?
ナニがドウというわけじゃないが、ふと、そんな風に思った。先のハナシだしね。

◇◆◇

4日12:00〜フジテレビ系「笑っていいとも」から


ザッピングしてたので見逃しただけかもしれないけど・・・。
今日の「いいとも」、
中国人美人講師を招いたコーナー「漢字で書いチャイナ」なかったよね?
なんか関連あんのかなあ?


posted by ゲーリー at 15:35 | 東京 ☁ | TrackBack(3) | スポーツ

2004年07月25日

【祝!サッカー・アジアカップ1次リーグ突破 日本vsタイ】
_スタジアムのブーイングとTBSの懐の深さについて_

24日21:15〜テレ朝系
「サッカーAFCアジアカップ中国2004 日本vsタイ」


前半はヒヤヒヤしたが結果的には4対1で勝利。
しかし、点差ほど楽な展開ではなかった。
トニー・ジャーが代表に召集されていたらと思うとゾっとするネ。

前回、2000年のアジアカップで、
1次リーグのvsサウジアラビア、vsウズベキスタンと大勝したイメージが、
いまだに記憶に残っていて、最近の対アジア勢との闘いを観てると「日本って弱くなったん?」と思ってしまいがちだが、
当時はガチガチに引いて守られることもなんてなかったもんなあ・・・。
1つ上のステージに上がった闘いを強いられている。ということだろう。
これからもドキドキの展開は続く。

先日、スタジアムのブーイングについて「反日感情でしょ」と書いたが、
この日も、50%は入っているであろう観客のほとんどはタイに声援。
わざわざ、スタジアムに足を運びブーイングするのだから相当な嫌われようだ。
試合後のインタビューで、
ジーコ監督や中村俊輔が観客について少し触れていたのが印象に残った。
不測の事態に備え、
宿舎や競技場の周辺は、自前の警備・セキュリティーで万全を期して欲しい。
↓こういう動きもあることだし。
日本戦のTV中継中止に…中国(スポニチ記事より)

こういったスポーツイベントが標的になるのは悲しい。
ミュンヘンオリンピックの悲劇を繰り返してほしくない。
危機管理の意識は大事だ。

とりあえず「祝・1次リーグ突破!」

関連記事:アジアカップ準決勝・バーレーン戦後のレビュー


◇◆◇

25日0:00〜TBS系「スーパーサッカー」


ウラ番組のフジ系列27時間テレビで、
100キロマラソンに挑戦中の極楽とんぼ・加藤浩次が、
TBS「スーパーサッカー」の生放送に司会として登場。
番組終了時に、この後また続きを走らなきゃならない状況から「帰りたいなあ。」とボヤく加藤。疲労感アリアリ。
スーパーサッカーの冒頭と最後で、
フジ27時間テレビの救助犬・バリーにカメラをむけてくれた、
TBSの懐の深さに感服。
posted by ゲーリー at 12:24 | 東京 🌁 | TrackBack(1) | スポーツ

2004年07月11日

【スポーツうるぐす「夢の球宴・夢の共演」 柴田アナ・松坂投手】
_外堀は埋まったか?!_

10日24:10〜日テレ系「スポーツうるぐす」から

ちなみに、この番組タイトル「うるぐす」は、司会を勤める江川卓のスグルの
ローマ字読み「SUGURU」をひっくり返し「URUGUS」→「うるぐす」がネーミングの由来。
以上、まったく役に立たない知識でした。

さて、この日は、現在の形態ではおそらく最後になるであろう、
プロ野球オールスターゲーム第1戦。
「うるぐす」は、試合の行われた名古屋に柴田倫世アナを派遣。
名古屋のスタジオと東京のスタジオを中継で結びゲームを振り返っていたのだが、
なんと、ゲストは西武・松坂大輔投手と近鉄・岩隈久志投手。
まだ柴田アナと松坂って別れてないっすよね。ラブラブ共演だ。
松坂・岩隈23歳コンビに柴田アナ。
東京スタジオ・江川の「きょうは、歳の近い同士ですね。」に、
「あたしだけ、少し上なんですけど・・・」と柴田アナ。気にしてる風がカワイクて好感度↑。

この日、松坂はMVPを獲得したのだが、
番組欄にすでに名前が記されていたので、結果に関わらず出演が決まっていたようだ。
で、そこにラルフ鈴木アナじゃなく柴田アナをわざわざ送りこんだところが興味深い。
日テレ上層部には何らかの報告があったとみた。
結婚の日取りか、破局か。おそらく前者。

7日24:09〜テレ東系「やりにげコージー」で、
今田耕司が、その日のゲスト、ロンブー淳に
「オマエ、自分の番組に関係を持った女をゲストによく呼んでるやん。
 やりにくくないん?」
と、訊いていたが、柴田アナはどうだったんだろう?
ちなみに淳は「全然、問題ないっすね。」とのこと。

岩隈近鉄・岩隈といえば、堀越高卒で同級生に安達祐実と佐藤江梨子がいるわけだが、そんなイケメンの呼び声の高い岩隈に対する松坂の評価は「落ち着いた野球をする。」
それを受けた岩隈が「ぼくの場合は結婚してるから・・・」と。
ひゃ〜!スリリング。
「言うぅ〜?!」(出典:インスタントジョンソン)
このふたりを前にして。言っちゃった。
岩隈に他意はなく、きっとカレは素直な好青年だろう。
その無邪気さが時にまわりを凍らせることを収録後、思い知らされたかもしれない。
松坂に「岩隈〜。頼むよ〜。」みたいなことを言われて。

だが柴田アナ、このときも、
「岩隈投手は、毎日お子さんの写真をケータイで送ってもらってるんですよね。」
と動じない。さすが姉さん女房。肝が据わってる。

一般人だったら、出張で名古屋に行って、
そこに恋人がいたら「仕事のあと、メシいくか。」
ってなことになるんだが、
テレビ共演後ではパパラッチが張りついてるだろうし、その点は気の毒だ。

この日のオールスターにおける松坂の投球は素晴らしく、
巨人・高橋由伸を空振り三振に打ち取ったボールは自己最速156kmを計測した。
そのシーンを柴田アナは、VTRで紹介していたのだが、
「では今のシーン、見逃した方に、もう一度。」
と再度同じシーンをリプレイ。
その瞬間、高橋(由)と噂されてる、
日テレの後輩・小野寺麻衣アナが地団駄を踏んだであろうと想像。
柴田アナもナニゲに無邪気。

「柴田せんぱ〜い。もうヒドイ!」
「小野寺ごめ〜ん。」
みたいな内容が「日テレ給湯室・特別編」でオンエアー予定。なわけない。


追記。
10日25:05〜日テレ系「カミングダウト」より
安田美沙子・華原朋美・千原兄弟が出演。
安田の出題で「安田美沙子と安田大サーカスの団長は親戚である。」
もしや?と思ったが結果はダウト。そりゃそーだよな。
スタジオに安田大サーカスもいたのだが、
「芸風は好まない」とコメント。
安田美沙子には双子の弟がいて、
「姉はいまでこそキャーキャー言われているが、小さい頃はブサイクで、
 そのころの写真を見ると、胸が痛む。」
と告発。写真が2枚公開されたが、確かにブサイク。
ブサイクな小さい娘を持つ親御さん。
希望を捨てちゃダメっすよ!!


posted by ゲーリー at 04:52 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月27日

【2004.6.27 ヤクルトvs巨人】
_空席が目立つスタジアムから黒柳徹子の気持ちをおもんばかる_

27日19:00〜フジ系「プロ野球 ヤクルトvs巨人」から

二岡
(写真はジャイアンツ・二岡智宏内野手)

きょうは日曜日。
本日、ヤクルトvs巨人が行われている東京地方(神宮球場)は、
梅雨真っ只中ではあるが、雨は落ちておらず、
若干のジメジメ感を除けば野球観戦にはうってつけの日である。

しかし、だ。
この日の神宮球場、空席が目立つ。日曜の巨人戦なのに。
80%程度の入りに見受けられる。
去年・今年と、巨人戦で、こういった状況をよく目にする。
4・5年前までは、巨人戦といえばプラチナチケットで、
なかなか手に入れることが出来ず、
自分が「野球観に行こうよ」と声を掛ける時は、
必然的にヤクルト戦(vs巨人以外)か
日本ハム主催試合のことだった。

集客できなくなった原因はイロイロあるのだろう。
金にモノいわせて、よその球団から4番ばっか集めたからだとか、
去年、原さんを辞任に追いやったみたくオーナーが口出しすぎだとか、
でも、そんなこと、どうでもいい。

将来、
「昔は巨人って人気あったんだぞ。
 ほんとチケットなんて取れなかったんだから。」
って懐古的に話すまでにプロ野球が凋落し、
「マジっすか!? xxさん、そんな時代、知ってるんスか!」
「すっげー! 沢村とか村山とかの時代っすよね!」
みたいなことを、
マジ顔で下の世代のヤツに言われる日がくるのではないだろうか。
ちげーよ! バーカ。そのふたり時空が離れすぎなんだよ!
しかも村山、阪神だし!
「へぇ、そうなんすか」
と、興味のなさそうな相槌。
そして、「それって、戦前スか?」と、
「世界・ふしぎ発見!」における黒柳徹子的な扱い。

基本的な野球の知識を持たないのが、あたりまえの世の中。
そんな日が来たらイヤだ。
そんな日が来たら寂しい。
鉄拳の言いまわしみたくなったが気にせんとください。

近鉄・オリックスに続き、さらなる球団合併ひいては、
1リーグ化が噂されている。
時代とともに組織や規約(ルール)は変わっていく。
オーディエンスの趣味・趣向も変わっていく。
有能な野球選手はより高みを目指し、メジャーの門をたたく。
プロ野球が時代に置いていかれないと断言することはできないだろう。

年に1回なのに、
NHK紅白歌合戦は最盛期から30%も視聴率が落ちこんでいる。
当時は、そんな日がくることなど思いもしなかったはずだ。

今、プロ野球は年に一度どころか毎日あたりまえのように氾濫してる。
こんな対比、意味を持たないが、要は絶対なんてナイということだ。

将来においても、
プロ野球は全世代(特に男同士)で共通項として通じ合える、
そんなコンテンツであってほしい。

最近の巨人戦のスタンドを見て、
そんな事を思うのであった。


posted by ゲーリー at 22:55 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月25日

【宝塚記念 好調予想陣にあやかりたい】先週、馬単4万・3連複6万馬券をゲット

7・2スタート金曜22:00〜TBS系「世界の中心で、愛をさけぶ」より

「小説」→「映画化」→「TVドラマ化」の図式を適用し
TBSが次クールに投入する、
「世界の中心で、愛をさけぶ」なワケだが、大丈夫か?
もう、みんなお腹いっぱいでしょ。
2度あることは3度? そんなにドジョウっているもんッスかね?
だったら今週の宝塚記念は、
皐月賞のダイワメジャー、
天皇賞のイングランディーレ、
オークスのダイワエルシエーロ
に続く、人気薄の逃げ馬台頭でもオカシクないよね。

そう、今週末は上半期G1のフィナーレを飾る、宝塚記念。

先週日曜、
本紙に予想を提供してくれている、客席予想陣・O氏より
福島6Rで
馬単42340円、3連複67640円的中!
との知らせが入り、
森山未來くんの朔太郎ばりに
「おごってくださあーい」(たすけてください)と叫んだオレです。
ツイてる人間に乗れっ!ってことで、
客席予想陣・O氏の成瀬馬券注意報改め
成瀬馬券警報もお楽しみに。

そこで
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  宝┃塚┃記┃念┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」宝塚記念増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本紙は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう
(でも、それだと少し寂しい。。)ご注意ください。
買い目によっては、100円が14万円に!(26日10:00現在)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。


★☆本紙の見解☆★
◎ Cローエングリン
   果敢にこの逃げ馬で勝負! 枠順、小回りコースに希望を託す。
   もうひとつ勝ちきれない馬だが、
   上半期G1で散々見てきた逃げ馬逃亡劇の再現に期待。
○ Bゼンノロブロイ
   安定感はピカイチ。ただし、この馬も勝ちきれない。
   しかし宝塚記念は悲願のG1初制覇が繰り返されてきた。
   戴冠があっても不思議ではない。
▲ Dザッツザプレンチィー
   宝塚記念は菊花賞馬が強い。
   長距離をこなし直線長くイイ脚を使う。
   デムーロとの初コンビも魅力。
△ Aトレジャー
   東風ステークスの万馬券でお世話になったんです。
   能力的には疑問も残る(足りない)のを承知で狙ってみたい。
△ @シルクフェイマス
   前走・天皇賞3着でG1でも勝負できることを証明。
   1枠で経済コースを好位追走。押さえておきたい。
△ Nタップダンスシチー
   大外がどう影響するか。去年の宝塚記念も8枠で3着。
   不思議と人気にならない馬だが、今回は1番人気か?
注 Fダイタクバートラム
   昨年天皇賞(春)で一番人気で3着した実力馬。
   3頭出し(橋口厩舎)は人気薄から。の格言に従い注意印。

 (1)『展開は?』 
 今回はCローエンに突っかかる馬はいないだろう。
 2、3番手に@フェイマスとNタップが
 好位追走し平均ペースになると予想。
 短い直線で差し馬が届くかどうかが焦点。
 本紙は後方イッキの
 LツルマルボーイGリンカーンは届かないと判断。
 Lツルマルは2年連続2着、先日の安田記念制覇と有力ではあるが、
 2週前がピークで劇走の反動があると推察する。

 (2)『馬券的妙味は?』
 平均ペースで逃げた馬の逃げ残りに妙味アリ!とみる。
 「短い直線」と「テンでやりあう馬が不在」のため
 脚を温存した先行馬に人気・有力差し馬が届かない。
 本紙は@シルクフェイマスを指名。
 そこで上記の本紙印からピックアップ。
 ※オッズは26日10:00現在
 ・気の早い3連単予想、    C→A→@   発売なし
 ・オッズ重視3連複予想、   @⇔A⇔C   604.2倍 
 ・そりゃ当たるでしょワイド予想、 B⇔N     3.6倍 

 (3)『今週のオカルト馬券』
 サッカー欧州選手権EURO2004開催中。
 欧州(おフランス帰り)経験馬の
  Cローエングリン
 サッカー繋がりで母の父がサッカーボーイの
  Lツルマルボーイ
 の2頭。※オッズは26日10:00現在
 ・馬連 C⇔L    57.6倍  
 ・馬単 C→L    85.7倍 
 ・馬単 L→C   125.7倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券警報』☆★
◎ Dザッツザプレンティ
   去年のヒシミラクルと同様、菊花賞馬が勝ちます。
○ @シルクフェイマス
   力が無いと条件戦とはいえ5連勝はできません。
▲ Nタップダンスシチー
   実績からいえばbPでしょう。
注 Bゼンノロブロイ
   天皇賞では本命としたが、
   今回の乗替りは今一わかりませんので評価を下げます。
△ Hチャクラ
   去年のヒシミラクル同様、ステイヤーが健闘します。
△ Fダイタクバートラム
   小牧太騎手の先週のJRA所属重賞初勝利の勢いを買って。


「助けてくださあーい」

posted by ゲーリー at 19:44 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月22日

【EURO2004 「あたりまえ」の発見】地上波放送予定試合から思いを馳せる。

TBS系「UEFA EURO 2004 サッカー欧州選手権」から
(写真はポルトガル代表 ルイ・コスタ)
ルイ・コスタ

スペイン代表は、イベリア半島ダービー?で
ポルトガル代表に敗れて予選敗退。
その昔、17・18世紀に世界の覇権争いをしていたスペインは、
近代・現代において、その争いから脱落したことから、
自虐性の強いお国柄になってしまったそうだ。
「どうせ、スペインはダメだよ。」と、
スペイン人自身が斜に構えてしまっているそうだ。
自虐的な考え方をする国民として、
西洋ではスペイン人、東洋では日本人
が挙げられるとナニかで読んだことがある。
うーん。当たってる?
今回の予選敗退についても、スペインの人々は、
「スペインはワールドカップでも、
 銀河軍団を擁したチャンピオンズリーグでもダメだったんだし、
 EUROでもダメだと思ってたサ。」
と自らに言い聞かせているのであろうか。
小ネタを挿みつつ本題へ。

それにしてもだ。
TBSは、EURO2004における
地上波の放映権を独占する契約を結んでいるのであろう。
他のNHK・民放地上波は放送予定なしだし。
毎日・全試合放映することは、
海外サッカーをコンテンツとして売っている
WOWOWやスカパー等を圧迫する。
今回のようなイベントしか放送しないのに
地上波がオイシイとこ獲りするのは仁義に反する。
という理屈。
それは理解できる。しかし。。。
グループリーグで、
「イングランド代表vsスイス代表」
「イタリア代表vsデンマーク代表」を
放送するのであれば、
「ポルトガル代表vsスペイン代表」だろ。
「オランダ代表vsドイツ代表」だろ。
ベッカム様〜!ってか? 
イタリア・イケ面軍団ってか?
(いつもここから風)
深夜・未明にチャンネル合わせてサッカー観るユーザーは、
ベッカム・イケ面目当てが多数派じゃないだろうよ。
イングランド・イタリアともに観たいチームではあるが、
相手があって初めてゲームが成立する。
少なくとも前者より後者のほうが魅力的な組み合わせだと思う。
あくまでも私見だが。

きっと、
純粋にサッカーを観たい人(自分がそうだとは言わないが)は
金を払え。
ということなのであろう。

15年程前はテレビ番組を金を払って観るという概念はなかった。
自分には今でもない。(NHK受信料は別ね)
水や緑茶を買って飲むという概念もなかった。

あたりまえにある物・あたりまえの事が、
価値を見出され・価値を付加され、マーケット化される。
きっと今でも、「あたりまえ」は身近に転がっている。

追伸。
とりあえず、30年前の「赤い衝撃」深夜再放送は
EUROが終わってからでも放送できるでしょ。
名作だけどさあ。


posted by ゲーリー at 22:26 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月05日

【好調!G1予想】今週は安田記念

土曜深夜25:15〜フジ系「あしたのG」より

既報(日本ダービー(東京優駿))のとおり
吉岡美穂の予想が外れまくっている。
吉岡
しかも「本命クラッシャー」と呼ばれ人気馬を指名しても当たらない。
むしろ人気馬を妨害してるかのようだ。
29日放送では、
「あたしのせいじゃないもん(ウルウル)」
と言っていたが、
自分の馬券購入に際しては、彼女の予想が頭をよぎり、
どうしても買い目を考えてしまう。
「♪かあさん、お肩が凝ってるの?
 プチ・プチ・プチ・プチ、プチシルマー」
のCMは、何故、研ナオコ&林家ペーなのか?
なぜ、パーコ&ペーじゃないのか?
と考えてしまうのと同じ位、考えてしまう。。。
今週も彼女の予想は要チェック! です。

さて、春のGTシリーズ、
今週は春のマイル王決定戦・安田記念。
前回「日本ダービー特集号」で見事!本誌予想、
△◎○で3連複34.6倍
△◎で馬連24.9倍
を的中です。
今週もハッスル・ハッスル!

そこで、
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  安┃田┃記┃念┃徹┃底┃検┃証┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」安田記念増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本誌は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)ご注意ください。
買い目によっては、100円が76万円に!(現時点)
というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。


★☆本誌の見解☆★
◎ Hテレノグシス
   前走5ヶ月休養明けの京王SCで2着。叩き2戦目。
   東京の長い直線。現在3番人気7.4倍はオイシイのでは?
○ Iメイショウボーラー
   単純比較だがDウィンが東京新聞杯を54kgで1.33.0。
   IボーラーはNHKマイル57kgで1.33.6。
   今回54kgならこっちで勝負だ!
▲ @ファインモーション
   着外は馬場が渋ったときのみ。週末の天気が敵か?
   現役牝馬最強・武豊とあっては久々でも下手な走りはできまい。
△ Gイーグルカフェ
   G1馬。終わった。。。との見方もあるが、厩舎が
   ここまで引っ張るのは「まだやれる」との思いもあるのでは?
△ Qセルフフリット
   アラン師の引退レース。引退旅行で来日したのではあるまい。
   実績的には苦しそうだが。。。押さえておきたい。
△ Fローエングリン
   今週から移動サクを外してグリーンベルトが出現。
   馬場のいい所を走れる先行馬有利との巷の声。
注 Lメジロマイヤー
   オープン勝ちしたばかりの上がり馬。勢いを買い。
   水曜、一杯に追われ、最後の1Fを11.0のスピードは優秀。

(1)『展開は?』 
グリーンベルト出現により先行馬が先を急ぐ。Fローエンにスピードでは勝負できそうなLメジロが突っかかりテンを奪い合うような展開になると、差し馬勢が台頭する。
が、昨秋天皇賞で当時Fローエンに騎乗していた後藤が吉田豊と
ヤリあい、つぶれたのをツルマルボーイ(2着)から見ていた横山典が同じ轍を踏むとは考えづらい。
Lメジロを壁にして折り合うと予想。その後ろにIボーラーが好位追走。良馬場なら差し馬だが渋れば馬場のイイ所を進む先行馬も面白い。

(2)『馬券的妙味は?』
馬場が雨で渋った場合、先行馬がグリーンベルトの恩恵をうけ
差し馬不発。。。
で人気薄の先行馬に馬券的な妙味アリ!とみる。
本誌はLメジロマイヤーを指名。
人気薄だけに武幸四郎も思いきった騎乗ができるはず。
昨年NHKマイルを制しているも不気味。。。
そこで上記の本誌印からピックアップ。※オッズは本日今現在
・気の早い3連単予想、    @→H→I   発売なし
・オッズ重視3連複予想、   G⇔H⇔L   3781.1倍 
・そりゃ当たるでしょワイド予想、 @⇔F      7.4倍 

(3)『今週のオカルト馬券』
今週、サッカーのイングランド遠征で、
アイスランド・イングランドと好勝負。
ランド繋がりで。
 Eアイランドファッション
サッカー繋がりで母の父がサッカーボーイの
 Mツルマルボーイ
の2頭。※オッズは本日今現在
・馬連 E⇔M    93.0倍  
・馬単 E→M   185.6倍 
・馬単 M→E   159.8倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎ Hテレノグシス
   単純に府中ならトニービン!
○ Oバランスオブゲーム
   府中で見た毎日王冠のレコード勝ちの印象が鮮烈!
▲ Dウィンラディウス
   GIでは珍しくSS産駒はこの馬だけ。人気でも買いでしょう。
注 Gイーグルカフェ
   いつ走るか判らない、だから今回走るかも?
△ Jジョウテンブレーブ
   最近中央のGTでもお馴染み大井の内田博。きっとあの
   豪腕風車ムチで馬券圏内にもってきます。
△ Qセルフフリット
   アラン調教師引退のご祝儀


「♪とうさん、おクビが〜回らない。。。」

posted by ゲーリー at 18:39 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年06月01日

セルジオ越後の日本語能力について

1日19:00〜テレビ朝日系
「サッカーオリンピック代表親善試合 日本vsマリ」から
オリンピック代表

解説は松木安太郎とセルジオ越後。
前半15分、セルジオが、
「高松が自分の仕事をしてるナリに
 坂田も自分のスピードを生かすような
 プレーをして欲しいですね。」
とコメント。
カレはこの「・・・ナリに・・・」を多用する。
もう11年、
Jリーグが発足し、TVでサッカー観戦するようになった
11年前から
このフレーズに違和感を感じてる。
11年前に産まれた子供がBerryz工房になる歳月だ。
文法的にカレが多用する「・・・ナリに・・・」はナイと思う。
という気持ちを抱えながら、ここまで無策のまま過ごしてしまった。
オレに策があったとしても大勢は変わらんのだが。。。

セルジオ越後。苗字は越後。
名前をみても、顔をみても、確実に日本人のDNAを受け継いでいる。
しかし日本語能力は、
ベタな西洋顔のセイン・カミュに劣る。
100%純正韓国人のユン・ソナやBoAには、かろうじて勝利。
うーん。条件が違うので比較にならんか。。。
同じ条件。
名前をみても、顔をみても、確実に日本人のDNAを受け継いでいる。
そんな比較対象。
あっ、いた。
ケイン・コスギ。苗字は小杉。
日本語能力的には・・・・
引き分けだな。

きょうの
日本vsマリは
1vs1のドロー。
posted by ゲーリー at 21:48 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツ

2004年05月28日

日本ダービー(東京優駿)

土曜深夜フジ系25:15〜「あしたのG」で
吉岡美穂の予想がことごとく外れている。

吉岡美穂

本命サイド(特に武豊)を指名しても、見事に外れる。
呪われている。ある意味すごい。
22日放送では、
番組内で共演者に「本命クラッシャー」と呼ばれ、
本人も、
「明日は武さんと私の闘いです(はあと)」
みたいな事をいって、
武豊騎乗のダンスインザムード(断然の一番人気)を
本命に指名していた。
が、武・ダンス惨敗。
今週の彼女の予想も要チェック! です。

さて、春のGTシリーズ、
今週は春のクラシィック大トリ・日本ダービー(東京優駿)。
前回「特集号」でダンスインザムードのヒモ荒れを狙った本誌ですが、
上記の吉岡美穂の予想にビビリ、
急遽ワイドBox買いと3連複Box買いに変更。
ダイワエルシエーロとヤマニンアラバスタのワイド31倍のみ、
しぶとくGET。
タネ銭を残すに留まりました。
今週こそ。。。

そこで、
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

日┃本┃ダ┃ー┃ ビ┃ー┃徹┃底┃検┃証┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」日本ダービー(東京優駿)増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本誌は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)ご注意ください。
買い目によっては、100円が18万円に!(現時点)というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。


★☆本誌の見解☆★
◎ Dハーツクライ
   今回こそ展開が向くのでは? 脚質も間違いなく東京向き。
   前がバッタリ止まったところで、イッキの剛脚!
○ Pハイヤーゲーム
   ダービーと同コース同距離をレコード勝ち。展開も有利と判断。
   反動等のネガティブ材料も、大外イッキの剛脚で一蹴。
▲ Hコスモバルク
   連対率100%の安定感。地方の期待を一身に。
   長距離輸送→競馬→長距離輸送の勤続疲労と騎手の重圧が心配。
△ Kキングカメハメハ
   松田国厩舎、2週連続のG1勝利を目指す。
   好意追走。逃げ馬にも差し馬にも対応。
△ Iフォーカルポイント
   京成杯でKキングに圧勝の実績アリ。皐月賞は展開が。。。
   今回は出番ありと判断。
注 @マイネルマクロス
   皐月賞と同じ1枠1番。スタートがキマれば逃げるハズ。
   今春G1の逃亡劇を何回も見てるので押さえておきたい。

(1)『展開は?』 
皐月賞のような出遅れがなければ@マイネルマクロスが逃げ、
CダイワメジャーHコスモバルクが
@マクロスを見ながら追走し、早い流れになると予想。
楽に逃がすようだと、今春見慣れた展開が。。。
有力馬が早目に動き、差し馬が台頭するのでは? と考える。

(2)『馬券的妙味は?』
人気薄の差し馬に馬券的な妙味アリ!とみる。
本誌はIフォーカルポイントを指名。
今回は後方イッキではなく中団待機策をとるとのこと。
また今春見慣れた人気薄の大逃亡も是非押さえておきたい。
そこで上記の本誌印からピックアップ。※オッズは本日今現在
・JRAいち早い3連単予想、   @→D→P   発売なし
・オッズ重視3連複予想、     D⇔I⇔P   368.9倍 
・そりゃ当たるでしょワイド予想、   H⇔K     2.0倍 

(3)『今週のオカルト馬券』
今週のニュースより。格闘技つながりで。
藤田がサップを撃破。
 →藤田→Bマイネルブルック
ミルコ・クロコップ復活勝利!
 →ミルコ・デムーロ→Cダイワメジャー
の2頭。※オッズは本日今現在
・馬連 B⇔C   166.0倍  
・馬単 B→C   337.7倍 
・馬単 C→B   240.9倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎;Hコスモバルク
   地方の夢、私も一緒の夢を見ます。
○;Dハーツクライ
   横山典、おいしい乗り替り、アンカツに感謝です。
▲;Cダイワメジャー
   デムーロ2年連続2冠達成?
注;Kキングカメハメハ
   勝てない気がするけど、ここで勝ったらとんでもない大物
△;Eアドマイヤビック
   人気薄の武豊、骨折明け叩き2戦目どうでるか?
△;Qピサノクウカイ
   真面目に走れば・・・能力上位
△;Jグレートジャーニー
△;Fマイネルデュプレ


「勝ってミホ!!」

posted by ゲーリー at 22:21 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年05月21日

オークス(優駿牝馬)

ミムラの「にごらせ旨茶」のCMにヤラれてます。
浴衣でギューっ!だからなあ。しゃーないよ。そりゃ。
東京では梅雨のような天気が続いてますが、
あの、アマガエルのような愛らしいミムラの顔を見ると、
「梅雨入りしたんだよな」との錯覚に陥ります。
うそだケロ。         
ミムラ

さて、春のGTシリーズ、
今週は春のクラシィック第3弾・オークス(優駿牝馬)。
前回「特集号」でキングカメハメハを無印にするという失態を演じた予想陣ですが、
予想陣の気持ちは「我が穴予想に一遍の悔いナシ」です。(たぶん)
でなきゃ、前々回予想で天皇賞みたいな、
馬連△◎360倍、3連複△◎△2100倍
なんて馬券を仕留めることはできません。
果たしてオークスに波乱はあるのか?!

そこで、
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

オ┃ー┃ ク┃ス┃ ( ┃優┃駿┃牝┃馬┃ ) ┃徹┃底┃検┃証┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」オークス(優駿牝馬)増刊号を
日頃のご愛顧に感謝しここに掲載させていただきます。

本誌は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)ご注意ください。
買い目によっては、100円が15万円に!(現時点)というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。


★☆本誌の見解☆★
◎ Dダンスインザムード
   一身に人気を背負う。別格。次元が違う。
   クイズ番組における、あびる優に匹敵。
○ Jメイショウオスカル
   鞍乗・後藤。吉岡美穂へのサービス「勝ったミホ」で
   梅津アナに再び「義理堅い」と言わせるか?
▲ Lダイワエルシエーロ
   桜花賞7着は大外枠と道中の不利。
   皐月賞のダイワメジャーよろしくダイワ軍団の再来は?
△ Eヤマニンアラバスタ
   年末のホープフルSの万馬券でお世話になりました。
   馬体も戻り、キレる脚を再び。
△ Gアズマサンダース
   桜花賞2着から直行。連外しは阪神JFのみ。堅実。
   厩舎も「逆転とはいわない。Dダンスとの差を詰めたい」と謙虚
注 Qシルキーフレンド
   抽選すべりこみ。厩舎側は抽選さえクリアすれば勝てる
   と冗談まじりにコメント。気配アリか?

(1)『展開は?』 
逃げ馬不在。QシルキーフレンドJメイショウオスカルあたりが行くのか?スローペースになると予想。
楽に逃がすようだと、皐月賞・天皇賞の再現が怖い。行った行ったも馬券的に残しておきたい。
しかし基本的に府中の直線勝負、ヨーイ・ドンになるのでは?

(2)『馬券的妙味は?』
Dダンスインザムードが断然だが連れてくる相手によっては馬券的妙味も生まれる。
「勝負にいく。直線で一度は先頭に立ち、見せ場をつくれ」と指示をだしている厩舎もあり、Dダンスに力負けし、早目に脚を使ってしまった有力馬たちがズルズル後退。。。
というシナリオで馬券的妙味が生まれる。
そこで上記の本誌印からピックアップ。※オッズは本日今現在
・JRAいち早い3連単予想、   D→J→Q   発売なし
・オッズ重視3連複予想、     D⇔J⇔Q  1573倍 
・そりゃ当たるでしょワイド予想、   D⇔G   4.3倍 

(3)『今週のオカルト馬券』
今週、松田聖子・SAYAKA親子がプロモーションで
TVに出ずっぱり。
松田博厩舎・松田国厩舎の2頭。※オッズは本日今現在
・馬連 C⇔L   287倍  
・馬単 C→L  1060倍 
・馬単 L→C  1010倍

★☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆★
◎;Dダンスインザムード
   桜花賞のあのレースぶりを見たらやっぱり逆らえません。
○;Oグローリアスデイズ
   母の父トニービンの底力に期待、それと長距離の岡部。
▲;Hギミーシェルター
   柴田善、藤沢和厩舎への恨み爆発(天皇賞の横山典につづけ)
注;Pレディインブラック
   北村宏も藤沢厩舎所属でしたっけ?
△;Lダイワエルシエーロ
   桜花賞で本命にしてたもんで・・・
△;Fヤマニンシュクル
   2歳女王、実績を評価です。


「ぎゅーっと。ぎゅーっと。ぎゅーっと!!」

posted by ゲーリー at 22:54 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツ

2004年05月15日

土曜昼下がりの地味な攻防

テレ東系土曜14:30〜に「ウイニング競馬」という
中央競馬の競馬中継番組がある。
司会・北野誠、アシスタント・川村ひかる、
解説・原良馬(競馬評論家)等、
実況・矢野アナ、赤平アナ(テレビ東京)等
といった布陣だ。

翌日の日曜日にG1があるときは、
G1出走全馬の調教をVTR紹介してくれる良心的なつくりで、
昼間、出かける用事があってもビデオ録画して、
後ほど、調教状態をチェックしたりする。
記事よりも「百聞は一見に・・」で、見た目のインスピレーションは大事だ。

この番組内で地味な攻防が繰り広げられている。
うっすら自分の記憶に残ってるだけで詳細については正確でないが、ほぼこんなニュアンスである。
ある日のやりとり。
 【再現1】北野の予想結果の履歴と
      その累計金額(現在プラス)を紹介するくだり。
  川村:「どーしちゃったんですかあ。
      北野さん。最近あたってるじゃないですかあ。」
   チクリ☆
  北野:「そうなんだよ。
      6勝1敗ぐらい。千代大海ペースです。」
   チクッ。チクリ☆☆
  川村:「うぐっ・・」(川村、一瞬固まる)
 【再現2】饒舌に自らの予想を披露する北野に対して、
      解説の原良馬が、
  原:「ほー。北野さんも言うようになったね。
     わたしもウレシイですよ。」
   チクリ☆
  北野:「(なにか予想の正当性を主張していたが
      内容覚えてないです)」
といった具合だ。
オフィスにおける、
「課長と課長代理のそれ」「お局OLと中堅OLのそれ」
「セクハラ上司と新人OLのそれ」
を彷彿とさせる、素敵なワンダーランドだ。
あるときは北野目線で「がんばれ北野」、
あるときは川村目線で「負けるなひかるチャン」
とエールをおくる自分がいる。

きょうは、北野がマークシートを塗り間違えて
馬券を外したらしく(マイネルゼスト?)、
スタッフの笑いを誘っていた。
実際、
出演者・スタッフが仲良しで、こういった軽口を叩いてジャレあってるのか、
腹に溜まってるものがあって、笑顔の下の悪意を付きつけているのか、
それは当事者のみ知るものなのだが、
画面からは、ある種のピリピリ感が伝わってくる。
きょうのスタッフの笑いもその裏返しと感じた。

オフィスにおいては、
馴れ合いの仲間であるがために
チェックが甘くなり、大きなミス・トラブルを引き起こすこともあり得る。
ピリピリ感ゆえに、
コミュニケーションが希薄になったり、風通しの悪さで結果がでないこともある。
これらは、それぞれの短所だが、
長所においても同様に裏表があるだろう。

土曜14:30。この擬似オフィスの行方は?


追記
それにしても、赤平アナの競馬実況のスキルは目を覆うものがある。
配置が間違ってるだろう。カレが気の毒だ。

明日の
京王杯SCは、以前3連複万馬券でお世話になった
 エースインザレース、キタサンチャンネル
新潟大賞典も、以前単勝万馬券でお世話になった
 メイショウキオウ
をマークしたい。

posted by ゲーリー at 21:43 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツ

2004年05月10日

バレーボールにおけるジャニーズの功罪

9日(日)スポーツドキュメンタリーTBS「ZONE」での一コマ。
女子バレーボールで現在成長中の大器・大山加奈に対して、
柳本監督がその覇気のなさを激しい口調で叱責。
 柳本監督:「なにが、大山じゃー! ボケェー!」
 大山加奈:「・・・・」(困惑の表情)
ちょっと笑えた。ややうけ。

オリンピックやメダルやらを煽って商売(視聴率・部数・観戦ツアーetc)する輩に自分は否定的な感情を持っているが、
アスリートや指導者には尊敬の念を抱いている。
特にマイナースポーツに携わる人達に対して。
金銭的な見返りを殆ど要求せず、好きなスポーツに打ち込むストイックな姿は自分の心に響き、
「がんばなきゃな。オレも。」と生産的な気持ちに向かわせる。
(その都度、常に行動が伴うとは限らないのだが)

で、冒頭のくだりにもどる。
「なにが、大山じゃー! ボケェー!」である。
大山の気持ちを代弁してみる。
いや、自分が大山だったらこう思うだろう。
 # 苗字のこと言われもなあ。。。
 # 「なにが大山じゃー!・・・」ってことは、この苗字って
   そんなポジティブなパブリックイメージなの?
 # 大きな山ってことで、ツッコまれてるわけ?
 # じゃあ監督は「お前みたいなもん、小山で充分じゃー!」って
   言いたいのなあ。
 # でも187cmの小山って19歳の女の子のほうが
   一般的にはツッコまれそう。。。
 # え?「お前みたいなもん、大でも小でなもないっ!
   中途半端なんじゃー!」って?
 # じゃあ、中山あたりがベストな苗字だな。
と「なにが、大山じゃー! ボケェー!」から連想してしまって、
ややうけに至ったのである。

実際には、前後の流れで、
「名前(ネームバリュー)だけで、全日本のメンバーには選出しない」的な監督の姿勢があり、
「なにが、大山じゃー! ボケェー!」に繋がるのだが、
精神を研ぎ澄まして、ウキウキウォッチングしてるわけじゃないので、
「なにが、大山じゃー! ボケェー!」
を断片的に切り取り、瞬時にそう連想してしまった。

さて、タイトルの件についてであるが、
現在オリンピック最終予選期間中で、
旬な題材ではあるが、既にあちこちで語られてそうなので、もうすこし寝かせてみることにします。

posted by ゲーリー at 20:03 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツ

2004年05月08日

NHKマイルC

さとう珠緒はいつから、あんなフッきちゃったんだろう。
オーレンジャーで育った今の中高生世代の心情はいくばくか。
同性に嫌われるキャラを選択した根性、
そのキャラを武器に芸能界生き残りに賭ける執念。
昔「王様のブランチ」でMC(メイン)とレポーター(その他大勢)の関係だった水野裕子に
バラエテイーで競演する都度浴びせられる冷ややかな視線。
オンナは強ぇ〜なあ。

さて、春のGTシリーズ、今週は3歳マイルチャンプ決定戦・NHKマイルC。
先週の天皇賞(春)にて客席予想陣・ミスターO、
馬連△◎360倍、3連複△◎△2100倍いずれも見事的中!!
ついてる人間にはのっておこう! ってことで末尾に新連載『成瀬馬券注意報』を掲載してます。
先週、本誌はイングランディーレを対抗に指名するも痛恨の結果となりました。残念っ!

そこで、
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 N┃ H┃K┃マ┃ イ┃ ル┃ C┃徹┃底┃検┃証┃!┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
です。
「たまにアタル競馬予想(飛行機事故並み)」NHKマイルC増刊号を
掲載します。

本誌は、敢えて大本命サイドの決着を排除した穴予想、
波乱の可能性を探ることを目的とするもので、
財テクを目的としたものではありません。
決して、馬券購入の参考とされないよう(でも、それだと少し寂しい。。)ご注意ください。
買い目によっては、100円が20万円に(現時点)!というものが含まれてます。
「こいつ、当たったな!」と思ったときは、こっそり返信ください。


☆☆本誌見解☆☆
◎ Eメイショウボーラー
   弥生賞・皐月賞の2千mでも2着・3着を確保するスタミナを重視
○ Cナイストップボーイ
   前走内容・調教ともに優秀。狙える。
▲ Nエイシンマルカム
   展開は向きそうな気がする。長い直線をジリジリと。
△ @コスモサンビーム
   昨秋2歳王者決定戦で同コース同距離を制す。
△ Hタイキバカラ
   「脚の使い所を間違えなければ勝てる」と厩舎コメント 
注 Mハートランドカフェ
   持ちタイム優秀。逃げまっせー。

(1)『展開は?』 
MハートランドカフェEメイショウボーラーがテンを奪い合う展開か? よどみのない早い流れになると予想。
皐月賞・天皇賞が記憶に新しく、行った行ったも馬券的に残しておきたいが、本誌は追いこみ馬が台頭との見解です。
しかしEメイショウボーラーを軸に考えたい。2千mの経験とそのスタミナが東京マイルでも活きるものと考える。
対抗には現在6番人気Cナイストップボーイを指名。前走フロックの周囲の見方を調教内容で一変。強烈な末脚に期待。

(2)『馬券的妙味は?』
圧倒的1番人気馬でないかぎり、1番人気は危ないとの過去データあり。また皐月賞組は来ないとのデータも。
話題のクロフネローテーションのLキングカメハメハの収拾は難しいが、
本誌のポリシー「穴馬を探る」の性質上、過去データの1番人気キビシー説を採用し果敢に1番人気捨て。
「直線で1度は先頭に立て!」との厩舎側の檄とその脚質からNエイシンマルカムを狙う。
そこで上記の本誌印からピックアップ。※オッズは本日今現在
・JRAいち早い3連単予想、  E→C→N     発売なし
・オッズ重視3連複予想、    E⇔M⇔N    1740.8倍
・そりゃ当たるでしょワイド予想、  @⇔E       4.3倍

(3)『今週のオカルト馬券』
レース当日は母の日。
・枠連 [8]⇔[8]  36倍。

☆☆客席予想陣・ミスターOの『成瀬馬券注意報』☆☆
◎ Hタイキバカラ
前走1200とはいえ掛かりながらもそのまま押し切る強い内容。
○ Dシーキングダイヤ
  近走凡走を繰り返している武豊、そろそろ怖い。
▲ Oムーンシャイン
   今回は舌を縛って出走、能力全開
注 Kシゲルドントイケ
   赤木、中央GT初制覇なるか?
△ Fアポインテッドデイ
   適距離、適コース、及び柴田善に乗り戻り復活
△ Cナイストップボーイ
   前走のあの末脚は脅威、調教も好気配


サッポロ生搾り・メグミの心境で「あたれーっ!!」
posted by ゲーリー at 20:31 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツ